転職先は決まってから退職すべき!?注意点となんとかなる理由を解説【第2新卒必見】

BUSINESS

転職先が決まってからじゃないと辞めるのは危険?とよく聞くけど、今すぐにでも会社辞めたい。やっぱり転職先を決めてから退職した方がいいのかな、、

 

こんなお悩みをお持ちの方、是非当記事を参考に!

 

タキナナ
タキナナ

こんにちは!元外資系リーマンのブロガーTurkey7です!私は2019年日系の大手企業を約1年8ヶ月で退職、その後1度金髪ニートになりましたが、TVCMも行った外資系IT(Web系)企業へ転職することができました。

 


一般的に転職活動をする場合、次の働き先【転職先】が決まってから、退職するケースを考える人が多いと思います。

また、会社を辞めたいと誰かに相談しても、「転職先決まってからにしろ!」「後で後悔するぞ」とか言われた経験ありますよね??


転職先が決まってから退職をするべきなのか悩む人も多いと思います。確かにその方が一般的ですよね。

 

確かに、在職中に転職先が決まるのがベストですが、人によって色々な事情があるので、転職先が決まってない状態で辞めることを考える人も多いはずです。

転職先が決まらず辞めると、デメリットとして、やはり皆、収入源が一時的に途絶えてしまうことに対して不安を抱いてしまいます。


しかし、実際の所は、

転職先を決めてから退職しないといけないと決まっている訳でもないですしメリットだってたくさんあります。

 

✔︎今記事の主なターゲット

・転職先決まってから退職すべきか迷う人

・転職活動する時間がない人

転職活動や退職 全般で悩んでいる人

・転職エージェントなどについても知っておきたい人

 

当記事では、実際に転職先が決まっていない状態で会社を退職した筆者の経験を交えながら、転職先は決まってから退職すべきなのかデメリットメリットを共有します。

 

また、オススメの転職サイト・エージェントについての情報も共有します。

タキナナ
タキナナ

この記事を読むと、転職先は決まってから退職すべきという固定概念をいい意味で壊して「全然大丈夫、なんとかなるさ」と思えるはずです!

 

皆さんの不安を取り除くと共に、今の内から行動しておいた方がいい事なども解説します!

 

✔︎当記事でオススメ紹介している転職サイトとエージェントは下記です。

リクナビNEXT
誰もが知る業界No.1の転職サイト。
リクルートエージェント
専任のキャリアアドバイザーがあなたを企業へアピール。履歴書や職務経歴書、面接のサポートやアドバイスも完全無料。
doda
リクルートに次ぐ、大量の求人数を誇る転職サイトで外資系の求人も多く、相談に乗ってくれる所も特徴。
ウズキャリ第二新卒

ブラック企業求人の徹底排除が特徴。第二新卒に特化したオススメの転職エージェントです。

 

✔︎私は転職先を決めずに退職しまし

タキナナ
タキナナ

冒頭で触れた通り、私は2019年1月、転職先が決まっていない状態で退職をしました。

 


私の退職理由は下記のような感じでした。

自分でやってみたいビジネスがあった
・都内で働きたかった
・そもそもやりたい仕事ではなかった
・仕事がつまらなかった


毎日「はぁー、転職したい、、辞めたい、、」と思っていましたね。

新卒で入社した大手日系メーカーは、約1年8ヶ月で退職しましたが、その間に何度か転職活動を行なっていた時期もありました。

 

タキナナ
タキナナ

当時、私も転職先決まってから辞めるべきという固定概念を持っていましたからね。。


しかし

面接に行きたくても

・地理的な要因
・会社は昭和体質
・有給なんてまず取れない

色々な障壁がありました。


そんな中、いくつか内定を頂いたりもしましたが、結局しっくりくる会社が無かったので、辞退したり、ダラダラと時間が過ぎてました。

 

在職中の転職活動は、結局時間がダラダラと経過してしまったりしますよね、、、私の場合、現在田舎に住んでるので、面接のために上京する必要があり、大変なんです、、、、

 

タキナナ
タキナナ

私も当時、北関東のど田舎で働いていたので、まさにそんな感じで、興味もない仕事を続けてしまう日々が続いていました。

 

でもやはり

20代の若い時期を、この先 1年でも、1ヶ月でも無駄にしてしまうのは、すごく勿体無いことだと、強く思うようになりました。

 

最終的に私は決意をして、2018年の10月頃に上司へ退職を伝えました。そして2019年1月は有休消化、無事退職したのです。


その後は、

▼シェアハウスへ引っ越したり
▼金髪になってみたり笑
▼輸入ビジネスで起業しようとしたり
▼当ブログを開設してみたり

まぁ自由にしてましたね笑


でも実は、在職中から転職サイト・エージェントには何社か登録しており、退職後に面接のアポもいくつかあったので、退職後、丁度よく何社か面接を受けにいきました。

 

転職サイト・エージェントについては、

タキナナ
タキナナ

当時、リクナビNEXTリクルートエージェントdodaなどをメインで利用していました。現在でもたまーにウズキャリ第二新卒などで求人を探したりします

※転職エージェントなどに関しては、後ほど詳しく記載しています。

 

転職先が決まってから退職すべきと断言はしませんが、会社を辞めてフリーランスになったり、正直そういったアテが無い方は、せめて何社か転職サイトやエージェントには登録しておいた方がいいですよ。


以上こんな感じで、
私の退職→転職は、下記のような流れでした。

・退職
・金髪ニート

・転職活動
・内定
・外資系リーマン (現在)
・独立フリーランス
 
 
では、「転職先は決まってから退職すべき」という固定概念を持ってしまいがちな方は、転職先を決めずに退職する際のメリットとデメリットについて把握しておきましょう。
 
 

✔︎転職先決まってないけど退職する際のメリットデメリット

タキナナ
タキナナ

ではカンタンに、転職先を決めずに退職する際のメリットとデメリットについて箇条書きでまとめておきます。

▼デメリット

収入が一時的に0になる

・会社から引き止めに会う

お金がかかる(転職活動での移動費)

・周囲から色々言われたりする

 

▼メリット

転職活動に集中できる

・じっくりと今後を考える時間を確保できる

ストレスから解放される

失業手当という手段もある

心身にとって良い

世の中の仕組みをよく理解できる(税金や保険など)

 

これらのデメリットやメリットを踏まえた上で、本当に自分が転職先決まってから退職すべきなのかどうか考えてみましょう。

 

「次の場所(会社)を決めてから!退職」という考え方は、正直 人それぞれですよね。

1度退職して海外に行ってみてもいいし退職してから転職先を考えるのも全然アリだと思いませんか?

 

タキナナ
タキナナ

令和時代に、職歴やブランクを気にするような会社や大人達は、正直コテコテの古い価値観に縛られている会社だったり、そもそも時代の流れについて来れてない層だと思います。

 

まずイケてる会社は、職歴のブランクなんか気にしないから、安心して大丈夫です。

 

 

✔︎とはいえ、退職日より前に転職活動がベターではある

私のように転職先が決まってから退職すべきか悩んでいる方へ

転職先は決まってなくて退職しても全然OKなのですが、

もし今の会社を退職して、別の会社へ転職を望んでいて、少しでも時間に余裕があるのなら

今のうちに転職サイト・エージェントに登録を行い少なくとも2、3社には、興味ある会社に履歴書・職務経歴書を送っておくことをオススメします。

 

応募だけなら手間もかかりません。

この活動をしておくと、下記のメリットがあります。

・退職後の転職活動の一歩がスムーズ
・退職後すぐに面接を受けることが可能
・圧倒的な安心感がある

など

※退職後に転職サイトに登録して、転職活動を始めると、やはり焦ってしまったり、スピードが遅くなってしまいます。【貯金が十分にあれば別ですが】

 

退職前、面接受けられなくても、とりあえず応募は、誰にでもできますね!私も退職して、有休消化になるので、早速 転職支援サービスは利用します!

 

 

✔︎転職サイトや転職エージェントについて

タキナナ
タキナナ

冒頭の通り、私は実際に2019年1月に約1年8ヶ月間勤めた日系大手メーカを退職して、一度金髪ニートになり、その後無事、外資系IT企業へ転職しています。

 

ちなみに転職で下記が実現できました。

・残業しなくてOK(結果主義)
・有給が取りやすい

・グローバルな環境で働ける
・月収が上がった
・比較的働き方は緩い
・色々と鍛えられる
・周囲の人から興味を持って貰える

 

実は僕も退職を決めたので、今の内に転職サイト、エージェントに登録しておきたいんだけど、オススメな転職支援サービスあれば教えて欲しいです。

 

タキナナ
タキナナ

転職サイトのオススメはリクナビNEXT。転職エージェントは、リクルートエージェントdodaウズキャリ第二新卒 ですね。

 

タキナナ
タキナナ

リクナビNEXTリクルートエージェントは、業界No.1の転職サイト・エージェントで安心なイメージあるかな、dodaは外資系や地方の求人も多い、ウズキャリ第二新卒に関しては、ブラック企業を徹底排除して第二新卒に優しいイメージだよ!

 

✔︎こちらの記事も参考に

 

▼下記で各転職サイト・エージェントについて詳しく解説しています。

【20代オススメ統合型転職サイト】 

リクナビNEXT

✔︎業界No1 最大の求人数を誇る

✔︎第二新卒の求人も多数

✔︎サポート体制が抜群

✔︎在宅やリモートワーク の求人も増えている

 

リクナビNEXTは、業界No.1の最大手転職サイトです。あらゆる業界・職種の求人を探すことが可能です。

これから20代で転職活動を始めようとしているなら、必ず登録しておきたい転職サイトの1つです。

 

タキナナ
タキナナ

リクナビNEXTは信頼のサービスが売りで、エージェントには頼らず、自分の力で転職活動を進めていくことが可能です。

 

業界No.1 最大手転職サイト

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

 

【統合型エージェント  第二新卒から30、40代まで幅広く

リクルートエージェント

✔︎案件総数・内定決定数No.1 / 国内最大手 総合転職エージェント

✔︎安定のリクルート/ 求人数は業界トップレベル(在宅ワーク求人も)

✔︎第二新卒向けの求人が多い

 

リクルートエージェントの求人の数は業界トップレベルです。他社転職エージェントで見つからない求人や職種でも、リクルートで見つかる可能性があります。第二新卒はもちろん、地方転職や、30代、40代以上の転職にもおすすめ。

専任のキャリアアドバイザーがあなたを企業へアピールしてくれます。履歴書や職務経歴書、面接のサポートやアドバイスも完全無料。

 

タキナナ
タキナナ

リクルートエージェントの公開求人だけでも、例えば、在宅ワーク」で105件ヒットします。

 

また、求人数は多いし、リクルートのサービスなので、安心して使えますね

 

 

安定のリクルート/ 求人数は業界トップレベル

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

 

 DODA

✔︎10万件以上の求人数(リクルートに次ぐ)

✔︎在宅・第二新卒の求人も多数

✔︎サポート体制やエージェント機能が抜群

✔︎外資系や非公開求人も多い

 

doda は、転職エージェントとして業界No.1の満足度を誇る最大手です。あらゆる業界・職種の求人を探すことが可能です。

深田恭子さんがDODA子を演じてるCMも有名ですね。

これから20代で転職活動を始めようとしているなら、必ず登録しておきたい転職エージェントの1つです。

 

タキナナ
タキナナ

dodaは、エージェントサービスが丁寧で信頼できるので、今回、初めて転職活動をするという人にも、最適な転職エージェントだと思います。

 

dodaについて、もっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事も参考に!
dodaを実際に使った感想、転職にdodaをオススメできる人や理由とは?

 

満足度業界No.1 最大手のサーポート体制

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

 

20代特化型転職エージェント

① ウズキャリ第二新卒

✔︎第二新卒内定率86%以上

✔︎ブラック企業求人の徹底排除

✔︎若手が欲しい優良企業の求人が多い

✔︎平均20時間以上 ひとりを徹底サポート

ウズキャリ第二新卒は、第二新卒に特化したオススメの転職エージェントです。

内定率86%以上とブラック企業求人の徹底排除に力を入れている点が魅力的で、安心して使えます。

 

✔︎ウズキャリがブラック企業の求人を排除する主な基準

・若手の離職率が高い
・残業時間が慢性的に多い
・求人情報との差異
・ハラスメントの有無

など

 

タキナナ
タキナナ

せっかく転職活動をするのに、転職先が実はブラック企業だったなんて絶対に避けたいですよね。ウズキャリ第二新卒 は、そんなリスクを最初から排除してくれています。

 

内定率86%、定着率93%、ブラック企業排除

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

タキナナ
タキナナ

以上、オススメの4社の転職サイトと転職エージェントを紹介しました。これらの転職支援サービスは、どれも完全無料なので、是非有効活用してみてくださいね!

 

 

✔︎クラウドソーシングも活用

タキナナ
タキナナ

こういった際に、PCやスマホのみでフリーランスのような働き方をしていきたい!というような人もいるかもですね!そんな方にはクラウドソーシングのサービスがおすすめです。


最近は、PCやスマホがあればいつでもどこでも、お小遣いが稼げるようなフリーランス向けのクラウドソーシングサービスが豊富です。

基本的には、企業などが発注してくる業務の一部をフリーランスや一般人の方々が請け負い、仕事を貰うというサービスなので、

幅広いジャンルの仕事を在宅で行うことができます。


例えば、下記のような案件

・プログラミング
・デザイン
・Web制作
・動画編集
・ライティング
・翻訳・通訳
・データ入力
など
 
Turkey7
Turkey7

業界最大手のクラウドワークスには、誰にでもできる案件、沢山ありますよ!

 

✔︎クラウドソーシングで副業する手順は下記です。

1. クラウドワークス or ランサーズ登録

2.自分ができる案件を探す

3.応募

4.受注

5.完了(報酬ゲット)

 

✔︎クラウドワークスは、
国内最大のクラウドソーシングサイトを運営しているサービスで、オンライン上で、在宅ワーカーと仕事発注者のマッチング、報酬の支払いまでを一括でできるサービスです。

公式HP→https://crowdworks.jp

 

 

✔︎転職先決まってからでなくても「なんとかなるさ」

転職先が決まらず退職を経験した私が、皆さんに一言お声がけするとすれば
結局

「なんとかなるさ」

です。

正直、2度や3度の転職・退職なんて令和の時代、もはや当たり前です。

 

✔︎下記のデータで、皆さんに安心感を感じてもらいたいです。

現代は、求職者数よりも求人数の方が多い状況です。

平成30年12月 有効求人倍率1.63倍
※下記厚生労働省のデータより

 

求職者数よりも求人数の方が多いのが、現在の日本社会です。皆さんの能力や経験を必要としている魅力的な会社はたくさんあります。今すぐにでもあなたが必要なんです。

 

最近の世の中の流れとして、若い人が足りないと嘆いている大企業も増えていますよね。

 

タキナナ
タキナナ

特に若い人が多くて働き方も柔軟なベンチャー企業の中にもあなたを必要としている所が沢山あると思います!

 

タキナナ
タキナナ

転職先が決まっていない状態で、退職をすることを「怖い」と思う人もいると思います。皆退職した後に、目の前に崖が現れると錯覚しているんです。

 

タキナナ
タキナナ

実はそれは間違いです。退職した後には、崖ではなく、新たなA・B・Cの扉があるだけで、その扉の向こうにはまた扉があります。

 

行動を恐れている人は、下記のような書籍を読んで、勇気を持つきっかけにしてみてもいいかもですね。

 

 

 

転職や退職の悩みなんて、小さい悩みです!【私のイラクの友達】

「なんとかなるさ」精神に付け加えです。

タキナナ
タキナナ

私は、オーストラリアの大学に留学していた時にイラク人のサッカーチームに入っており、中東の方々の中に日本人1人だけ混じり、サッカーをしていた時期があります。

 

彼らの悩みは、戦争やテロ、家族が亡くなったり、そんな感じです。


そんな悩みや苦労をかかえて、オーストラリアへ勉強しに来ている友達もいれば、オーストラリアで職を見つけようと必死の友達もいました。


日本には、先程も記載した通り

・仕事は山程ある
・戦争もテロもない

イラク人の友達の皆は、そんな環境の中で生きている私たちの悩みとは、全く種類が違う悩みを抱えていました。

 

タキナナ
タキナナ

日本人が持っている悩みが小さい悩みだと言うつもりはありません。

 

ただし、私は、彼らとサッカーをしていた経験を通して、

「たかがこんな悩みっ」
「こんな小さなことで悩んでる暇なんかない」

こんな感じで、堂々と楽観的に生きられるようになりました。

 

タキナナ
タキナナ

広い視野を持って生きることは、大切ですね。日本人は転職活動や退職くらいのこと、もう少し肩の力を抜いて考えてみてもいいのかもしれませんね、

 

✔︎日本には失業手当/再就職手当があります!

そういえば、日本には失業手当という制度もありますよね!

 

失業手当とは、失業者に一定期間、国が給付金を出してくれる制度の事です。

 

Turkey7
Turkey7

失業手当(失業給付金)とは、退職後、次の就職先が決まっていない失業中の方へ向けて、一定期間だけ、再就職を国が応援してくれる制度のことですね。ぜひ、上手く活用しましょう。


退職後、失業給付金が支給されるまでに、一定の待機期間があったり、色々と受け取るためのルールがあったりしますが、

もしこの記事を読んでいる読者の皆さんが、

次の職場を決めずに退職しようとしているのであれば、必ず失業手当再就職手当について、自分で詳しく調べておいたほうがいいです。

 

タキナナ
タキナナ

「うーん、よくわからない」という人は、退職後、お近くのハローワークへ行けば大丈夫です!職員さんが丁寧に手続きや流れを教えてくれますよ!

 

✔︎生活費を抑えることも有効(退職後)

退職後、貯金が少なければ、「かなり切り詰めた生活をしないといけない!」「不安だ!」という人もいるでしょう。


タキナナ
タキナナ

そういった方々へオススメするのが、転職をする前に、生活コストを落としておくことです。

格安SIMへ

例えば、「携帯を3大キャリアから、格安SIMへ変える」現在の半額以下の出費になることもあります。ちなみに私はLINEモバイルへ切り替えました。

シェアハウスへ引っ越してみる

家具や家電付きのシェアハウスで生活コストを抑える!

これはかなりオススメです。
外国の方と住める可能性もあります。

1番のメリットは、退職後1人だと人間やはり、1人で寂しくなってしまいがちです。家に帰ってシェアメイトがいると、心がホッとしますよ。

 

タキナナ
タキナナ

オークハウス は、めちゃくちゃおすすめです。(100人規模の大型シェアハウスーソーシャルレジデンス などがかなり流行っています。)

 

外食を控える

これは、誰にでも簡単にできますね!

自炊をしましょう!まとめ買い、作り置きをする。 特に今まで外食が多かったなら、退職後は時間もできるので、自炊で節約しましょう。

 

タキナナ
タキナナ

ザッとこんな感じですね!他にも色々生活費を落とす方法は、あるかと思います。皆さんも、色々と工夫してみてくださいね!

 

✔︎最後に

タキナナ
タキナナ

転職先は決まってから転職すべきと言われるけど、自分はどうすべきか迷っている人に向けて今記事を執筆しました!

 

最後にひとこと、普段楽観的に生きている私から言わせて頂きますと、

やはり「なんとかなるさ」です。

もちろん転職活動を成功させる為や目標や夢の為に、行動は伴わせないといけません。


Turkey7
Turkey7

皆さんは、この記事に辿り着いている時点で、自分で調べるという行動」をしているので、きっと大丈夫です。

 

今回は以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました