転勤なし優良企業に転職/就職したい【失敗しない仕事の見つけ方】転職経験者が解説

BUSINESS

転勤がない優良企業へ転職ができたらいいのになぁ。自分が定住したい場所でずっと働きたい。

 

家族ができて、マイホームも持ちたいなぁ、、でも転勤がネック。。どうやって転勤のない優良企業を見つたらいいのかなぁ。

 

転勤があるかないかって、ライフプランにおいて、かなり重要な要素です。

ある程度歳を重ねてきて、家族ができたり、考え方が落ち着いてきたら、「転勤」って、かなり足を引っ張る存在になりますよね?

転勤が多い職場で働いていると、色々な場所に住めるという利点を除けば、「将来設計が建てづらい」「家族に迷惑がかかる」「ストレスがある」など、正直デメリットが多いと思います。

 

ひと昔前であれば、転勤が多い大企業に勤めていると、給料も高く、メリットが多かったかもですが、現代の日本では、大企業だからと言って、給料は高いわけでもなく、安定でもありません。

最近は、転勤なしの企業に転職して地元に帰省したり、リモートワークの会社に転職して、人生の豊かさを優先させる人も増えています。

 

タキナナ
タキナナ

私も新卒で入社したメーカーは、47都道府県に支店があったので、俗に言う転勤族になりかけていました。

私の場合は、その後 東京で働きたいと思い、都内の外資系優良企業へ転職して、現在はフリーランス独立して、いつでも好きな場所で働けるようになりました。

 

今記事では、「転勤」に悩んでいる方や「転勤の無い会社」に転職したいという方へ、役に立つ内容になっています。

優良企業の見つけ方や転職方法まで詳しく解説していきます。

 

✔︎転勤がある会社で働き続けることの不安

最初会社に入った時は、嬉しいものの、

実際、転勤がある会社で働き続けることはかなり大変現実があります。

転勤族の場合、数年に1回は、職場やプライベートの人間関係も変わり、生活スタイルもガラッと変わる可能性があります。

 

タキナナ
タキナナ

私も元々は大企業で働いており、自分で働き場所を選ぶことができませんでした。これは1度きりの人生でかなりマイナス要素だと思い、現在では、私は転職・独立も経験しています。

 

家族の側にいたい方やマイホームを持ちたい方、1つの場所に定住したい人にとっては、転勤はかなりのデメリットで不安要素になるはずです。

 

タキナナ
タキナナ

やはり、転勤がない会社へ就職したい、転職したいという需要は、いつの時代でも多いようです。

 

✔︎転勤がない会社で働くメリットとデメリット

転勤がない会社で働く場合
メリットはあるものの、職場の環境を変えづらい等のデメリットもあるので、就職・転職前に下記で確認しておきましょう。

 

▼転勤なしのメリット

転勤がない会社で働くメリットは、下記のような感じです。

・家族との時間を大切にできる
・好きな場所で働ける・住める
・ライフプランが立てやすい
・人間関係が落ち着く
・異動のストレスが無い

転勤がなければ、家族の側にいる時間も長く取れますし、ライフプランも立てやすいので、人生が豊かに安定しやすいですね。

職場の人間関係に関しても、長く同じ環境で働くことになるので、信頼関係も強くなり、仕事もしやすくなる傾向があるでしょう。

 

▼転勤なしのデメリット

転勤がない会社で働くデメリットは、下記のような感じです。

・職場の人間関係が固定されがち
・仕事内容が限られてくる
・飽きるかもしれない

転勤がなければ、職場の人間との信頼関係が長期的に築ける反面、もし職場に性格が最悪な上司や先輩がいた場合、なかなか環境を変えづらいというリスクもあります。

また、転勤が多い大企業のような働き方であれば、職種も多く、色々な仕事を経験できる可能性が高いですが、転勤がない会社や職種では、仕事内容が限られてくる為、少し仕事にマンネリ化する可能性はあります。

 

では、「転勤なし」優良企業へ転職したい場合、どういったポイントに注意して、仕事や求人を見つけたらいいのでしょうか?

 

タキナナ
タキナナ

下記で優良企業の見つけ方を解説してます!確認してみましょう。

 

✔︎そもそも優良企業の見つけ方は?

タキナナ
タキナナ

せっかく転勤のない会社転職・就職するのなら、ブラック企業ではなく、優良企業へ行きたいですよね?

 

優良企業には複数の特徴がありますが、例として、下記の条件にマッチする企業は優良企業である可能性が高いですね!

働き方が柔軟
離職率が低い
社員が幸せそう
残業が少ない

 

政府も「働き方改革」の推進をしていますが、それに沿って、きちんと柔軟な働き方を採用している会社は優良企業の可能性が高いです。

フレックス制度や在宅勤務を導入しているか、育児休暇や有給休暇の取得率が高いかどうか、ここら辺も確認しておきたいですね。

離職率が低い会社も=優良企業という可能性が高いです。

離職率は、インターネットで調べてみるか、転職エージェントなどに質問してみるといいでしょう。

残業が多い会社も、人手不足みたいな可能性があるので、残業も無さそうな企業を優先で探したいですね!

 

タキナナ
タキナナ

とはいえ、正直優良企業概念って、人それぞれです(笑)

 

自分に合った職種があれば、多少残業があっても、その人にとっては優良企業かもしれないし、

職場の体質が古くても、人間関係が最高だったら、その職場はホワイトですね。

 

では、実際に転勤なしの優良企業の求人を探したいけど、どうやって見つけるの?

 

タキナナ
タキナナ

まず簡単な方法は、リクナビNEXTのような転職サイトで「転勤なし」と条件を絞って、検索をしてみる方法です。

 

自分が勤務したい「地域」「転勤なし」等で絞ると、最初から応募するべき求人が絞られるので良いですね!

ただし、転職や就職活動に慣れていない方は、自分で探すよりも、転職エージェントに頼るのが近道です。

リクルートエージェントdodaのような大手転職エージェントを頼れば、非公開優良企業求人を多く扱っていたり、実際に働いている人達の声や評判も知っているので、オススメです。

 

タキナナ
タキナナ

私も転職活動をしている時は、エージェント機能を上手く利用して、優良企業の求人を紹介してもらっていました。

 

✔︎職種や企業規模、業界で絞り、優良求人を探そう!

タキナナ
タキナナ

転勤なしの優良企業の求人を探す場合には、応募する企業の職種企業規模業界から絞っていくと良いでしょう!

職種

職種は転勤に大きな影響があります。

例えば、国家公務員営業職であれば、頻繁に全国区で転勤がある可能性が高いです。 対して、本社の事務職技術職、例えばプログラマーのような職業も、こういった職種は、転勤の可能性が極めて低いでしょう。

自分が現在している仕事、就きたい職種に関して、しっかりと自己分析をしておきましょう。

企業規模

企業規模に関しても、従業員数千人を超えるような大企業であれば、転勤は当たり前でしょう。

対して、従業員数が数十名から数百名規模の会社であれば、そもそも事業所自体が少ないはずなので、転勤の可能性は低くなります。

今の時代は特に、ITやAIの影響もあり、企業規模が小さいからとって、「給料が低い・安定ではない」という時代ではありません。 中小企業やベンチャー企業も積極的に候補に入れるべきです。

業界

業界に関しても、予め絞っておくことをオススメします。

例えば、大手メーカー商社大手銀行

このような業界は、最初から候補に入れない方がいいですね。転勤アリの可能性が極めて高いです。

転勤が少ない業界として、代表的なのは、地方公務員などだと思います。民間企業だとIT系の企業転勤も少なくホワイトな会社が多いかもしれませんね!

 

✔︎リモートワーク【在宅ワーク】という手段もアリ!

 

タキナナ
タキナナ

実は、そもそも転勤という概念すら無くなる裏技的な働き方もあります。

 

ズバリ!リモートワーク(在宅ワーク)ですね。新型コロナの影響で、日本でも一気に普及してきた働き方ですよね。

現代のホワイトワーカー(オフィスワーカー)の仕事の多くは、リモートで完結できる時代だと言われております。

 

今の時代、「転勤なし」の優良企業へ転職したいのであれば、リモートワークOKの会社を受けてみるのも大いにアリですよね!

 

そうですね!

 

タキナナ
タキナナ

私は、外資系の会社員時代もフリーランス独立した現在も、リモートワークで働いているので、転勤という概念すら考えなくなりました。

 

でもどうやって「リモートOK」の求人を探すの? 「未経験」の募集もある?

 

タキナナ
タキナナ

その質問多いですが、実際リモートワーク導入企業は増えていて、未経験でもITやWeb業界を中心に一定数の求人があります! リモートワークは今人気なので、早い内に転職エージェントなどに相談しておくと良いです。

 

参考関連記事
リモートワークとは?海外でも働ける?在宅ワークへ転職したい【おすすめ転職サイト4選】

フリーランスになりたい20代、新卒が今やるべきこと【ロードマップ体験談付き】

 

✔︎転勤なしの優良企業への就職・転職を成功させよう

以上、転勤なしの優良企業へ就職、転職する為のロードマップを示しました。

今の時代は、大企業にしがみつくのが安定でもない時代リモート在宅の働き方も普及しています。

転勤のない会社へ転職したい!という考え方は、とても今の時代に合っていると思うので、自分の意志に自信を持って転職・就職活動を行って行きましょう!

 

タキナナ
タキナナ

是非、本記事の内容を踏まえて、皆さんも就職・転職活動に力を入れてみてくださいね!

 

下記は、本記事で簡単に紹介したオススメの転職エージェントです。

これから転職を始める場合、エージェントの利用は必須だと思います。

最低2社くらいには登録をして、信頼できるエージェントに複数の求人や非公開求人を紹介してもらいましょう!

 

リクナビNEXT
誰もが知る業界No.1の転職サイト。
リクルートエージェント
専任のキャリアアドバイザーがあなたを企業へアピール。履歴書や職務経歴書、面接のサポートやアドバイスも完全無料。
doda
リクルートに次ぐ、大量の求人数を誇る転職サイトで外資系の求人も多く、相談に乗ってくれる所も特徴。
ウズキャリ第二新卒

ブラック企業求人の徹底排除が特徴。第二新卒に特化したオススメの転職エージェントです。

 

【オススメ統合型転職サイト】 

リクナビNEXT

✔︎業界No1 最大の求人数を誇る

✔︎第二新卒の求人も多数

✔︎サポート体制が抜群

✔︎在宅やリモートワーク の求人も増えている

 

リクナビNEXTは、業界No.1の最大手転職サイトです。あらゆる業界・職種の求人を探すことが可能です。

これから20代で転職活動を始めようとしているなら、必ず登録しておきたい転職サイトの1つです。

 

タキナナ
タキナナ

リクナビNEXTは信頼のサービスが売りで、エージェントには頼らず、自分の力で転職活動を進めていくことが可能です。

 

業界No.1 最大手転職サイト

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

【統合型エージェント  第二新卒から30、40代まで幅広く

リクルートエージェント

✔︎案件総数・内定決定数No.1 / 国内最大手 総合転職エージェント

✔︎安定のリクルート/ 求人数は業界トップレベル(在宅ワーク求人も)

✔︎第二新卒向けの求人が多い

 

リクルートエージェントの求人の数は業界トップレベルです。他社転職エージェントで見つからない求人や職種でも、リクルートで見つかる可能性があります。第二新卒はもちろん、地方転職や、30代、40代以上の転職にもおすすめ。

専任のキャリアアドバイザーがあなたを企業へアピールしてくれます。履歴書や職務経歴書、面接のサポートやアドバイスも完全無料。

 

タキナナ
タキナナ

リクルートエージェントの公開求人だけでも、例えば、在宅ワーク」で105件ヒットします。

 

また、求人数は多いし、リクルートのサービスなので、安心して使えますね

 

安定のリクルート/ 求人数は業界トップレベル

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

 

 DODA

✔︎10万件以上の求人数(リクルートに次ぐ)

✔︎在宅・第二新卒の求人も多数

✔︎サポート体制やエージェント機能が抜群

✔︎外資系や非公開求人も多い

 

doda は、転職エージェントとして業界No.1の満足度を誇る最大手です。あらゆる業界・職種の求人を探すことが可能です。

これから20代で転職活動を始めようとしているなら、必ず登録しておきたい転職エージェントの1つです。

 

タキナナ
タキナナ

dodaは、エージェントサービスが丁寧で信頼できるので、今回、初めて転職活動をするという人にも、最適な転職エージェントだと思います。

 

dodaについて、もっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事も参考に!
dodaを実際に使った感想、転職にdodaをオススメできる人や理由とは?

 

満足度業界No.1 最大手のサーポート体制

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

20代特化型転職エージェント

① ウズキャリ第二新卒

✔︎第二新卒内定率86%以上

✔︎ブラック企業求人の徹底排除

✔︎若手が欲しい優良企業の求人が多い

✔︎平均20時間以上 ひとりを徹底サポート

ウズキャリ第二新卒は、第二新卒に特化したオススメの転職エージェントです。

内定率86%以上とブラック企業求人の徹底排除に力を入れている点が魅力的で、安心して使えます。

 

✔︎ウズキャリがブラック企業の求人を排除する主な基準

・若手の離職率が高い
・残業時間が慢性的に多い
・求人情報との差異
・ハラスメントの有無

など

 

タキナナ
タキナナ

せっかく転職活動をするのに、転職先が実はブラック企業だったなんて絶対に避けたいですよね。ウズキャリ第二新卒 は、そんなリスクを最初から排除してくれています。

 

内定率86%、定着率93%、ブラック企業排除

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

タキナナ
タキナナ

以上最後に、オススメの4社の転職サイトと転職エージェントも紹介しました。これらの転職支援サービスは、どれも完全無料なので、是非有効活用してみてくださいね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました