フリーランスはやめとけ?!脱サラして独立したブロガー が伝えたいことと注意点

BUSINESS

会社を辞めてフリーランスとして働いてみたい!スキルがないのに独立するのは危険なのかな? フリーランスが増えてる時代

 

こういった疑問をお持ちの方 是非一度当記事を参考にしてください。  

 

タキナナ
タキナナ
こんにちは、タキナナです。私は2020年7月に外資系の会社を25歳で退職して、フリーランス独立したブロガー です。

 

最近、フリーランスになりたい!という人が増えていますよね?

実際にYouTubeなどでも、「フリーランス最高な働き方」と謳っている方々も多いので、

確かに、フリーランス業界が盛り上がってきたり、アメリカのようにフリーランスの地位が確立されつつある予兆があるのは感じます。  

 

ただし、 フリーランスの私がこれからフリーランスを目指す若い方々に問いたいのは、

▼フリーランスがゴールなのか
▼フリーランスが手段なのか

どちらですか? ということ  

 

タキナナ
タキナナ
ちなみに、私の場合 フリーランスは手段です。

 

自分がやりたいことが会社員だと難しいので、フリーランスという働き方を利用しています。  

では、皆さんがこれからフリーランスを目指していくに当たって、

当記事を通して、フリーランスという働き方が本当に今のあなたに合っているのかしっかりと確認してみてくださいね!    

 

 

✔︎いきなりフリーランスはやめとけ?

タキナナ
タキナナ

今のご時世、「フリーランスになりたい!」と憧れている人は、沢山いると思います。

 

1人社長として逞しくビジネスを行うフリーランス。

企業などとプロジェクトごとに案件を進めていくスタイルの働き方は、時代にマッチしています。  

 

タキナナ
タキナナ
ただし、このフリーランスの働き方が全ての人に適しているかと言われると、そうではないかもしれません。

 

「新卒でフリーランスはやめとけ」などとよく言われますが、 フリーランスになるためには、それなりのスキルや経験、毎月の収入の保証。クライアントとなる取引先。

これらが必要です。

もし、特にこれといったスキルや収入源が無いにも関わらず、急にフリーランス独立をしたとしても、それは後々かなり苦労することになります。  

 

対して、

スキルや経験があり、それが既に収入に繋がっているのだとしたら、フリーランス独立できる可能性が高いです。  

 

タキナナ
タキナナ
私の場合は、副業で行っていたブログの収入が安定してきて、更にライティングや動画編集でも収入を得られるようになってきたので、フリーランス独立することができました。

 

 

✔︎まずは副業から始めるべき

タキナナ
タキナナ
もし会社員の方で、フリーランス独立をしたい場合、副業でスキルや経験、収入を得ていくことから始めるのがオススメです。

 

例えば、副業で毎月5万円〜10万円を稼げるようになってくると その副業に派生するビジネスとスキルで、十分にフリーランスとして活動していくことが可能です。  

 

例えば、

ブログで毎月5万円稼げるようになった場合、ライティングやSEOコンサルなどで収入を倍増させていくことも可能なのです。

動画編集で稼げるようになった場合は、案件を増やして行ったり、撮影やマーケティングも行うことで収入が増えるはずです。

 

副収入やスキル0の状態でフリーランス独立する場合は、ある程度の貯金があれば可能ですが、今のご時世、多くの人には該当しないかもですね。    

 

 

✔︎フリーランスになる前に!今始めるべき副業は?

会社員の方でフリーランスになりたい!という人は、まず副業から始めるのがおすすめですが、  

下記にいくつか、サラリーマンにおすすめの副業を紹介しておきます。

下記の条件に当てはまる仕事を紹介します。

 

・在宅でできる ・勉強すれば誰でもできる ・スキルが身につく ・在庫を持たない

 

▼Webライティング

Webライティングの仕事は、「ズバリ文字を書く」です。

ライティング業は、誰にでも始められる副業の1つで、ある程度記事を書く経験を積んでいけば、正直誰でも副業で月に5万、専業で月に20万は射程範囲だと思います。

Webライターを専業として、フリーランス独立されている方は沢山います。  

 

タキナナ
タキナナ
私もたまにWebライティング業を行なっています。

  実際にどんな仕事内容が多いかと言うと、企業や個人のWebメディアの記事を執筆するお仕事です。  

 

タキナナ
タキナナ
未経験の方でもトライできる案件が数多くあるので、Webライティングは今日からでも始められる副業です。

 

Webライティングがブログやアフィリエイトと混合されることも多いですが、ブログなどは、広告型ビジネスなので、記事をある程度ストックする必要があり、すぐに稼げる副業ではありません。  

しかし、ライターの場合、書いた記事がお金に換金されるので、すぐに稼ぐことができます。

 

ただし、案件によっては、報酬単価が低い物が存在するのがデメリット。ライティングで稼ぎたい方は、できる限り、単価の高い仕事を見つけて受注しましょう

 

  ✔︎ライティングで副業する手順は下記です。

1. クラウドワークスサグーワークスなどに登録
2.ライティング案件を探す
3.応募
4.受注
5.完了(報酬ゲット)

 

✔︎ライティング案件でおすすめなクラウドソーシングサイト

クラウドワークス国内最大のクラウドソーシングサイトを運営しているサービスで、オンライン上で、在宅ワーカーと仕事発注者のマッチング、報酬の支払いまでを一括でできるサービスです。

公式HP→https://crowdworks.jp  

 

サグーワークス 、ライティング案件専門のクラウドソーシングで、高単価な案件も多いためオススメ。プラチナライターのテストに合格すると、より稼ぎやすくなるので、是非試してみるといいと思います。

公式HP→https://works.sagooo.com    

 

▼ブログ、アフィリエイト 

タキナナ
タキナナ
私はブログで脱サラしました!

  ブログやアフィリエイトは、収益化までにある程度の時間が必要で、すぐに収入を得られる副業ではないですが、サラリーマンに最もオススメの副業です。 労働型ではなく、資産型のビジネスだからです。

 

タキナナ
タキナナ
ブログのビジネスモデルは資産型であるので、一度収益が出始めると、半不労所得のような副業になります。

 

ブログ収益化できると、ある程度収入が安定してくるので、脱サラのハードルが一気に下がります。 ブログを運営していると、WebライティングSEO、Webマーケのスキルが身につくので、ブログ以外の収入の柱を作ることも可能です!  

 

ブログを運営していれば、ブログがポートフォリオとなり、Webライティングの案件受注の難易度も下がりますもんね!

 

タキナナ
タキナナ
その通りですね!

 

✔︎ブログを始めたい方は、こちらの記事を参考に!ブログを作るならワードプレス1択です。

ブログ収益化の流れは、

・自分でサイトを構築  エックスサーバー を使用して、ワードプレスブログ開設

・記事を執筆

・ASP(アフィリエイトサイト)と提携
A8.netバリューコマースなど

・広告(ASPやアドセンス)から収益発生

 

ASP(アフィリエイトサイト)に関する記事はこちら

 

タキナナ
タキナナ
ブログとアフィリエイトはかなり似ているビジネスモデルですが、下記のような違いがあります。

 

✔︎ブログ=自分がブランド 分野を限定せずに、好きな事や得意な事を中心に情報発信を行う方々のイメージです。インフルエンサーをイメージするとわかりやすいです。

✔︎アフィリエイト サイトを作っている人はあまり個人情報を公開していません。基本的に、特化したジャンル(例-クレジットカード、サプリなど)を中心に検索エンジンからの集客を狙います。  

 

タキナナ
タキナナ
これからブログを始めたい人は、「ブログ飯」のような本を読むことをオススメします。ブロガーがどのように稼いでいるかわかります。

  参考人気記事 ブログで月5万円稼ぐ為にやったこと10 STEP【初心者でも達成できます】    

 

▼動画編集

タキナナ
タキナナ
動画編集は、今時代の流れに乗っているかなりオススメの副業です!PCや編集ソフトの用意さえできれば、余裕で稼げます。

 

実際に、私が2020年7月末で脱サラして、フリーランスになり、翌月8月の1ヶ月目で動画編集だけでも、収益が既に10万円を超えていましたからね。   動画編集が稼げる主な理由は、2つです。

 

・動画編集の需要は伸び続けている
・動画編集できる人が少ない

 

これは聞いたことある人も多いかもしれませんが、動画の市場は年々盛り上がってきてます。 5Gも解禁され、今後2021年、2022年も更に動画の需要は伸びていくでしょう。

動画編集を始めるには、動画編集できるパソコン編集ソフトを揃える必要があり、まず初期費用がかかるので、その分、競合も多くないことは事実です。  

 

✔︎おすすめの学習方法 これから動画編集を始めて副業をしていくなら、下記のようなスクールを利用して、最速でスキルを身に付けることをオススメします。

TechAcademy(テックアカデミー)
Moviehacks(ムービーハックス)  (クリック後1番下にスクロールするとMoviehacksのリンクがあります。)

 

タキナナ
タキナナ
独学でもスキルを身につけることは、可能ですが、かなり時間がかかってしまうので、講座受講して基礎的なスキルを身に付けるのが1番近道かと思います!

 

動画編集をこれから始めたい方は、下記の記事を参考に!

 

タキナナ
タキナナ
仕事で動画編集を行う場合、編集ソフトは、Adobe CC(コンプリートプラン) をオススメしています。

 

 

▼プログラミング

Web系のエンジニア職(Web系プログラマー)もオススメです。  

 

タキナナ
タキナナ
Web系プログラマーとは、企業などのWebサイトを作るエンジニア職のことです。

 

プログラミングは、ライター業や動画編集のように、最短で稼げるようになるのは、難しいかもしれませんが、 例えば、下記のようなスクールで半年以上勉強すると、仕事の受注ができるレベルになるかと思います。  

✔︎おすすめの学習方法

TechAcademy [テックアカデミー]
オンライン完結でサラリーマンにオススメ

Techキャンプ
東京・名古屋・大阪・福岡の教室で学べるので、質問もしやすく成長環境が整っています。

 

基礎が身に付けば、あとは実際に仕事を受注していくのが、1番の近道です。

友人や知人に仕事を振ってくれる方がいればベストですが、もしそういったコネがない場合は、 多くの人がクラウドソーシングやフリーランスエンジニア向けの求職サイトから案件を受注していく形になります。  

 

✔︎おすすめの仕事を探すプラットフォームは下記です。

ギークスジョブ
フリーランス向けの求人サイトなので、まずは登録して案件を探してみるいいですね!
クラウドワークス
案件の単価は低めですが、安心できるプラットフォームなので、駆け出しの方は必ず登録しておきましょう!

 

タキナナ
タキナナ
ある程度、スキルが身に付けば、副業として案件をこなしてみるといいですね!

 

▼Webデザイン

Webデザインも人気の職業、かつ、フリーランスとして独立しやすい職種ですね!  

 

タキナナ
タキナナ
Webデザインの主な仕事内容は、サイトのデザインやロゴデザイン、バナーデザインなど、それ以外にも、かなり多岐にわたります。

 

Webデザイナーになる場合は、PhotoshopIllustratorを使用するようになるはずですが、学習の方法は、独学かスクールのどちらかですね。

独学で膨大な時間がかかるのは、目に見えてるので、会社員の方は、スクールでスキルを身に付けるのが近道かと思います。  

 

✔︎おすすめの学習方法

TechAcademy [テックアカデミー]
オンライン完結でサラリーマンにオススメ
ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』
「未経験から活躍するWebデザイナーへ!」を掲げた「Webデザイナー講座」であれば、動画を何回も見直して学習できるのでオススメです。

 

  ✔︎おすすめの仕事を探すプラットフォームは下記です。

ギークスジョブ
フリーランス向けの求人サイトなので、まずは登録して案件を探してみるいいですね!
クラウドワークス
案件の単価は低めですが、安心できるプラットフォームなので、駆け出しの方は必ず登録しておきましょう!

 

タキナナ
タキナナ
プログラミングと同様、ある程度、スキルが身に付けば、副業として案件をこなしていくといいですね!

 


 

タキナナ
タキナナ
以上 会社員をやりながら、スキルを身に付けつつ、副収入も得られる仕事を紹介しました!

 

私個人的に、すぐにでもフリーランスになりたい!という人には、Webライター業動画編集がオススメかなっ!と思います。

人それぞれ、向き不向きがあると思うので、自分がやってみたい!と興味を持てる副業や勉強から始めてみてはいかがでしょうか!    

 

✔︎スキルと経験があれば、フリーランスはかなり素敵な働き方です。

急にフリーランスになるのは、危険。

ここまで、フリーランスになる為には、「まず副収入を作ろう!」「スキルや経験を身につけよう!」と書いてきましたが、

とはいえ、

本当にスキルや経験が身についてセルフエンプロイーとして働けるようになれば、かなり素敵な働き方だと思います。  

 

タキナナ
タキナナ
私はフリーランス初月は20万円に満たないくらいでしたが、2〜4ヶ月目では、毎月20万円〜30万円前後の収益を得られるようになっています。

 

労働時間は、会社員時代よりも減っています。

 

タキナナ
タキナナ
これから、ビジネスのふりかけをかけて、毎月50万、60万を目指していきたいと思っています。

 

これだけの収入を得ながら、働く場所や時間を選べるのは、めちゃくちゃいいですよね。  

よく、フリーランスは安定しないと言われますが正直それは今の時代、

民間企業勤めであれば、どこでも同じで、

ある程度スキルや経験、コネクションを作り、稼げるようになったフリーランスが稼げなくなった、、みたいな話の方が珍しいです。    

 

 

✔︎スキルなしで脱サラするくらいなら、転職もアリ

「スキルなしでフリーランス独立して、めちゃくちゃ痛い目に合って、就職し直す」みたいな人が多いみたいですが、  

 

タキナナ
タキナナ
冒頭でも述べたとおり、スキルや経験なしでフリーランス独立する場合、苦労するのは目に見えています。

 

よって、もしスキルなしでフリーランス独立して、大変な思いをするくらいなら、自分がスキルを身につけたい領域を学べる会社へ転職しましょう。

そこで給料を得ながら、最短でスキルを身に付けて独立するのがおすすめです。  

 

もしくは、今の時代であれば フリーランスにならなくても、完全フルリモートの会社などもあるので、転職エージェントに相談してみてもいいかもです。  

ブログで独立したいのなら、Webマーケティングの会社、プログラミングで独立したいのなら、プログラミング系の会社、映像や動画編集で独立したいのなら、映像制作会社など、これらを転職エージェントに紹介してもらいましょう。

 

▼おすすめの転職エージェントは下記です。

リクナビNEXT
誰もが知る業界No.1の転職サイト。
リクルートエージェント
専任のキャリアアドバイザーがあなたを企業へアピール。履歴書や職務経歴書、面接のサポートやアドバイスも完全無料。
doda
リクルートに次ぐ、大量の求人数を誇る転職サイトで外資系の求人も多く、相談に乗ってくれる所も特徴。
ウズキャリ第二新卒

ブラック企業求人の徹底排除が特徴。第二新卒に特化したオススメの転職エージェントです。

 

 

✔︎フリーランスになる前に気をつけたいこと

現在、すでにスキルや経験、副収入がある方は、フリーランス独立に挑戦することは、大いにアリだと思います。  

 

タキナナ
タキナナ
フリーランスは、いわば1人社長。

  大変な部分も多いですが、今後のことを考えると、かなり貴重な経験になることでしょう。

 

フリーランスに挑戦する方が、今のうちに注意しておくべきこと準備しておくべきことは、下記です。

・国民保険、国民年金の手続き
・クレジットカードの作成
・開業届、青色申告の届出

 

保険・年金の手続き

  会社から独立して、フリーランスになる際は、とても嬉しいですよね! おめでとうございます!  

 

タキナナ
タキナナ
ただし、会社を辞めた後は、年金や保険の手続きも忘れないようにしましょう!

 

会社員であれば、会社が厚生年金や健康保険を払ってくれてましたが、フリーランスになると、全て自分で手続きや支払いを行わないといけません。

忘れないように注意してくださいね!  

 

クレジットカードの作成は今のうちに

経費用に使うクレジットカードを普段使いのカードと分けておく場合は、 エポスカードのような年会費無料で会計ソフトとの連携も可能な事業用のクレジットカードを作成しておくと良いですよ!  

 

タキナナ
タキナナ
フリーランスになると、会社員時代と違い、クレジットカードの審査が厳しくなるのが、日本社会の現状なので、今のうちに作っておきましょう。

 

特に会社員の方で、これからフリーランスになる場合、必ず会社員の内にクレジットカードを作っておきましょう。

開業届と青色申告の届出も忘れずに

フリーランスになるのなら、翌年に確定申告をする必要があるので開業届を必ず提出して、節税の為に青色申告の届出も出しましょう。  

 

タキナナ
タキナナ
確定申告は、開業届を出さなくてもできるのですが、青色申告の届出なども同時に出しておくことで、税制上、後でかなりお得になるので、忘れないようにしましょう。

 

開業届に関しては、開業freee(フリー) マネーフォワード クラウド確定申告 で簡単に作成・提出することができるので、

事業を開始すると決めたら早速開業届を済ませてしまいましょう。  

 

タキナナ
タキナナ
また、開業freee(フリー) マネーフォワード クラウド確定申告に無料登録しておいて、毎月の経費等を計算しておくと、確定申告の手間が省けます。

 

わざわざ税理士さんにお願いをする必要も無くなるので、フリーランスになると決めたら、早めに導入しておきたいですね。  

 

 

✔︎フリーランスに挑戦する価値はある

アメリカでは、2018年時点でフリーランス人口が全人口の30%に及ぶそうです。2027年には、アメリカ国民の半分以上がフリーランスの働き方を選ぶと言われています。  

 

タキナナ
タキナナ
よく、アメリカの5年前が現在の日本だと言われますが、

 

結局のところ、ITやAIの発達で、会社が正社員を雇う必要が無くなってきている。正社員が会社にとってコスパが悪く、負担になっている。

これらの理由で、フリーランスにならざるおえない人も増えているのです。  

 

タキナナ
タキナナ
これから、主流な働き方になるフリーランスという働き方を今の内に経験して時代の先取りをしておくことは、今後有利になってくるかもしれませんね。

 

フリーランスは増えていますが、それ以上に、企業が正社員よりもプロジェクト単位でフリーランスに仕事を頼むという流れがドンドン増えてきます。  

こらから、フリーランスを目指す人は、その選択に自信を持って、頑張ってくださいね!

応援しています。  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました