外資系転職は英語できないけど大丈夫?!オススメの職種や転職方法を紹介。

BUSINESS

・外資系企業へ転職して年収、キャリアUPしたいけど、英語できなくても大丈夫かなぁ?
・英語できなくてもOKな外資系企業は沢山ある?

 

こういった疑問がある方へ、当ブログを参考に

 

タキナナ
タキナナ

こんにちは、元外資系副業ブロガーのタキナナ です。

私は、新卒で日系の大手メーカーに就職しましたが、ブラックで消耗、外資系IT企業へ転職してからは、給与も上がり、ホワイトな環境で、残業もなく、グローバルに働けています。

 

外資系企業へキャリアアップしたいけど、英語力に自信が無くて転職活動を躊躇している人多いのではないでしょうか?

 

外資系企業には、国際経験や英語力が必ず必要?!


こんな感じの先入観がある人が多いのですが、

 

タキナナ
タキナナ

実は、英語力が無くても外資系企業への転職は十分に可能です。

(もちろん、企業によっては、必ず英語力必要な所もありますが)

 

外資系といっても、お客様や社内とのやり取りが殆ど日本語オンリーという企業と多いです。外資系企業へ転職できると、実力主義な反面、高確率で高収入×キャリアアップに繋がります!

 

挑戦せず諦める前に、是非当記事を参考にして、外資系転職の成功を掴んでくださいね!

 

✔︎今回の記事では下記の情報をまとめています。

・外資系転職に英語力は必須ではない
・最低限必要な英語力
・オススメの職種や業界
・英語はできた方が有利ではある
・英語力よりも経験やキャリアが大切
・転職を上手く成功させるには

 

では、1つずつ解説していきます。

 

✔︎当記事でオススメ紹介している転職サイトとエージェントは下記です。

JACリクルートメント
外資系求人メイン、ハイキャリア、ミドルクラス向けの求人が多い転職エージェントです。
リクルートエージェント
専任のキャリアアドバイザーがあなたを企業へアピール。履歴書や職務経歴書、面接のサポートやアドバイスも完全無料。
doda
リクルートに次ぐ、大量の求人数を誇る転職サイトで外資系の求人も多く、相談に乗ってくれる所も特徴。

 

 

▼外資系転職に英語力は必須ではない

 

外資系企業であれば、英語力がないとダメでしょ?皆英語ペラペラでしょ(汗)

 

こんな印象を持ってる人が多いのですが、実は、外資系企業では英語力が必ず必要というわけでもありません。

 

タキナナ
タキナナ

実際に、英語力が無くても外資系企業へ転職している人なんて沢山います。

 

私が勤めていた外資系企業では、英語話せない日本人が何人かいましたけど、全然普通に活躍していましたよ!

 

外資系企業と言っても様々で、お客様や社内とのやり取りが日本語メインであれば、特に英語力は必要ないのです。

 

下記のような外資系企業の場合、最低限の英語力が求められますので、注意が必要ですが、

・社内公用語が英語
・お客様とのやりとりが英語
・業務がほぼ英語

 

「必ずしも、英語力が必要ではない」ということは、肝に銘じておきましょう。

これで転職活動を諦めるのは、勿体ないです。

 

▼最低限必要な英語力

では、最低限どれくらいの英語力があれば大丈夫なの?

 

タキナナ
タキナナ

それは、企業によりけりです。

 

少し誇張して説明すると、日本企業でもTOEIC800以上じゃないとダメ!みたいな楽天や総合商社みたいな会社があります。

しかし、外資系企業でも、特に英語力は重要視してないという企業もあります。

 

なので、必然的に英語力に自信がないけど、外資系へ転職したい!という方は、英語力を重要視していない企業やポジションを狙えばいいだけの話です。

 

確かに、外資系企業の場合、TOEICの点数や国際経験があれば、有利にはなりがちなので、もし、TOEICで600〜800らいを目指せそうなのであれば、目指しておいた方が吉です。

TOEIC500以下とかなら、履歴書に書く必要はありません。

 

 

▼オススメの職種、業界

では、英語力に自信無いけど、外資系企業へ転職したい人は、どんな職種がオススメなの?

 

タキナナ
タキナナ

ズバリ、英語を頻繁に使わない職種、ポジションへの転職ですね。

 

外資系企業であれば、海外の会社が日本に法人を作っているということなので、

どこの外資系企業でも、もちろん英語力が必須なポジションがあります。例えば、人事や総務、経理、上層部のポジションでしょう。

しかし、

お客様は日本人を対象としている為、営業やマーケティング、カスタマー対応のポジションは、日本語オンリーで十分な場合も多いです。

IT系のプログラマやエンジニアも、英語力が必須では無いケースがありますね!

日本人のスタッフをまとめるマネージャー職でも、特に英語力が必要とされていない求人だってあります。

 

外資系企業の求人と言っても、求人内容に英語力について全く触れられてないものもありますし、むしろ、英語力よりもビジネススキルや経験を重要視している企業が多いす。

 

なので、まずは外資系企業の求人をできる限り、多く探してみて、自分が応募できそうな会社を見つけていくのがオススメです。

 

 

▼英語はできた方が有利ではある

ここまで、外資系企業への転職では、英語力が必須ではないと述べました。

しかし、英語力自体はもちろんあった方が有利です。

将来的にかなり上のポジションまで出世していきたい!という目標がある場合、英語力が無ければ、いつか大きな壁にぶち当たる時が来るかもしれません。

 

なぜなら、上層部のポジションになった時には、間違いなく本部とのやり取りが増え、そこで英語力が必要になってくるからです。

 

タキナナ
タキナナ

なので、無事外資系企業へ転職できたとしても、少しくらいは英語の勉強を始めておいた方がいいかもしれませんね

 

 

下記の記事では、TOEIC800 以上を目指す人に向けて執筆した記事なので、是非参考にしてみてください。

参考人気記事TOEIC800以上目指す方へ【840スコアの経験談】おすすめオンライン英会話・参考書も!

 

 

▼外資系で働くメリットやデメリットについても把握しておこう!

タキナナ
タキナナ

私の場合、新卒で日系の大手メーカーに入社しました。しかし、典型的な日本企業だったので、下記のような特徴がありました。

 

・年功序列
・毎朝の朝礼・ラジオ体操
・飲み会の幹事
・いくら頑張っても給与に反映されない
・下積み3年必要と言われる

 

しかし、外資系企業に転職してみると、下記のような環境があり、私にピッタリでした。

・年齢は関係ない
・必要の無い朝礼がない
・新人に雑用させるという概念がない
・結果を出せば、給料が上がる
・下積みとかいう概念がない
・グローバルな環境で働ける

 

成長意欲が高い人やグローバルな環境で働きたい人は、一度合理的な外資系企業の働き方を経験すると、もう普通の日本企業には戻れないと思います。

 

タキナナ
タキナナ

しかし、外資系企業が合うか合わないかは、本当に人それぞれだと思いますが、もし少しでも興味があるのなら、やはり1度挑戦してみるといいと思います。

 

下記は、私が外資系企業で働いて、感じたメリットとデメリットです。

▼デメリット
1.福利厚生が充実していない
2.退職金が無い
3.結果主義

 

▼メリット
1.無駄な付き合いが無い
2.給料が高い
3.視野が広がる(グローバルな視点が磨かれる)
4.有給休暇が取りやすい

 

これらの内容も踏まえた上で、自分が外資系企業の働き方に合っているのか、今一度確認しておくといいですね!

 

参考人気記事もう日本企業に戻れない?外資系で働くことのメリット・デメリット

 

 

▼転職を上手く成功させるに

これから、外資系企業へ転職したい!

 

転職活動を始めてみようかな、という人は、下記のdodaJACリクルートメントのような外資系求人も多く扱っている転職エージェントを活用することをオススメします。

 

外資系の求人って、非公開求人が多かったり、なかなか見つけられない事が多いので、転職エージェントに相談して、自分のレベル感にあった企業を紹介してもらいましょう。

 

タキナナ
タキナナ

下記では、私が外資系へ転職した際に、実際にお世話になった転職エージェントを複数紹介しています。

 

是非、皆さんも有効活用してみてください。

✔︎ JAC Recrutiment

✔︎ロンドン発祥の転職エージェント
✔︎ハイクラス・ミドルクラス向け
✔︎サポート体制やエージェント機能が丁寧
✔︎外資系求人がかなり多い

 

JAC Recruitmentは、ハイキャリア、ミドルクラス向けの求人がメインの転職エージェントです。

特に、そこそこキャリアも積んできて、年収UPやキャリアUPとして、外資系企業を目指す方に最適です。

 

タキナナ
タキナナ

JAC Recruitmentは、ロンドン発祥の転職エージェント!ハイクラス層向けの外資系求人が豊富!

 

 

 

※下記リンクから公式サイトへ飛べます

 

 

✔︎リクルートエージェント

✔︎案件総数・内定決定数No.1 / 国内最大手 総合転職エージェント

✔︎安定のリクルート/ 求人数は業界トップレベル

✔︎第二新卒向けの求人が多い

 

リクルートエージェントの求人の数は業界トップレベルです。

他社転職エージェントで見つからない求人や職種でも、リクルートで見つかる可能性があります。

第二新卒はもちろん、地方転職や、30代、40代以上の転職にもおすすめ。

専任のキャリアアドバイザーがあなたを企業へアピールしてくれ、履歴書や職務経歴書、面接のサポートやアドバイスも完全無料。

 

タキナナ
タキナナ

リクルートエージェントへ登録するのであれば、dodaなどとの併用がオススメですね。互いに掲載されていない求人が多々あったりします。

 

また、リクルートのサービスなので、安心して使えますね

 

安定のリクルート/ 求人数は業界トップレベル

↑クリック後公式HPへ飛べます

 

 

 

✔︎ DODA ▼おすすめ度1位

✔︎10万件以上の求人数(リクルートに次ぐ)
✔︎第二新卒の求人も多数
✔︎サポート体制やエージェント機能が抜群
✔︎外資系や非公開求人も多い

深田恭子さんがDODA子を演じてるCMも有名ですね。

dodaは、転職エージェントとして業界No.1の満足度を誇る最大手です。あらゆる業界・職種の求人を探すことが可能で、外資系の求人も多数

 

dodaは、非公開求人が多く、表に出ていない外資系企業の優良求人もあります。

特に、20代で転職活動を始めようとしているなら、必ず登録しておきたい転職エージェントの1つです。

 

タキナナ
タキナナ

dodaは、エージェントサービスが丁寧で信頼できるので、今回、初めて転職活動をするという人にも、最適な転職エージェントだと思います。

 

dodaについて、もっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事も参考に!

dodaを実際に使った感想、転職にdodaをオススメできる人や理由とは?

 

 

※下記リンクから公式サイトへ飛べます

 


過去記事も参考に
参考人気記事転職先が決まってないのに退職!?私の経験談と注意点 なんとかなるさ

 

 

タキナナ
タキナナ

以上、今回は英語力が無くても、外資系企業への転職は可能だという内容をお話させて頂きました。

 

外資系企業と聞くと、キャリアアップ・給与アップの印象が大きい反面、英語力などが求められ、ハードル高そうなイメージを持っている方も多いと思いますが、

意外と、英語力無くても、多くの日本人が外資系企業で働いていますし、英語力不問な求人も多いです。

 

是非当記事を参考にして、外資系転職の成功を掴んでくださいね!

 

今回は以上です。

 

✔︎当記事でオススメ紹介した転職サイトとエージェントは下記です。

JACリクルートメント
外資系求人メイン、ハイキャリア、ミドルクラス向けの求人が多い転職エージェントです。
リクルートエージェント
専任のキャリアアドバイザーがあなたを企業へアピール。履歴書や職務経歴書、面接のサポートやアドバイスも完全無料。
doda
リクルートに次ぐ、大量の求人数を誇る転職サイトで外資系の求人も多く、相談に乗ってくれる所も特徴。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました