大手 ベンチャー 外資系 現フリーランス、全て経験した私が思うこと

BUSINESS

多様な働き方が増える昨今、大企業に勤めるメリットは下がり転職独立といった選択肢を選ぶ人達も増えてきました。

 

タキナナ
タキナナ

こんにちは!タキナナ です。私は日系大手メーカー、外資系ベンチャー、フリーランスを諸々経験して来ました。2020年7月に外資系の会社を退職して、今は映像系フリーランスとして独立しています。年内に月収100万を目指して精進中です。(収益が全てではないですが)

 

今記事では、大手企業、外資系、ベンチャー、フリーランスを全て経験した私だからこそ語れる考え方や今思うことを語っていきます。

 

今記事は、転職独立に悩んでる読者さんの参考やヒントになるはずです。

 

✔︎大手も外資系もフリーランスも全て最高、何をしたいかが大切

先日私は下記のツイートをしました。

私が何を言いたいかと言うと

大企業でも、外資系でも、ベンチャーでも、フリーランスでも、経営者でも

自分のやりたい事、得意な領域、ピッタリな働き方、将来のビジョン、

ここらへんにしっくり当てはまっているなら、正直どの働き方でも良いじゃないか!」ということです。

 

現在の世の中で、

 

大企業なんて効率悪いし、会社にしがみついてるおじさんばかりで、こんな所で人生無駄にするなら、「独立して実力でビジネスをやっていきたい!」

こんな風に思う血気盛んな強者も出てくるでしよう。

一方、

優秀な人が大企業から去っていくなら、平凡な人達ばかりがいる大企業で平凡な競争の中、安定してる方が「正直楽なんだよなぁ〜」

と思っている人もいるはずです笑

 

よって、自分がどういう働き方をしていきたいのか、どういうライフスタイルを送っていきたいのか

タキナナ
タキナナ

改めて、ここらへんをしっかり考えて行動していく必要があると思いますよ。自分の幸せや欲求の尺度は人それぞれですから!

 

ちなみに、筆者の私は、大企業や外資系で働いていた頃、順風満々な実績があり、豊かな生活を送っていました。

 

タキナナ
タキナナ

よくありがちな、社会に上手く溶け込めず、フリーランスにならざるを得なかった系の人達は、全然違います(笑)

 

そのままでも、エリート道を歩んでいたと思いますが、働き方や生き方、収入を意識して、更に高みに挑戦したいと思いフリーランス独立しました。

 

✔︎大企業を辞めるのはリスクなのか

大手企業を辞めて、転職したり、独立したりすることは、リスクだと思いますか?

 

タキナナ
タキナナ

私の場合は、大手を退職した後も、ずっと上手く物事が進んでいるので、「正直リスクなんてない!」と思っています。 でも言ってしまえば、これもポジショントークなのかな?・・・

 

結論は、何も考えずに大手企業を辞めるのは、リスクだと思います。

ただし、既に副収入があったり、やってみたい職種転職したいという気持ちがある場合、貯金が十分にある場合、こんな人には、大手を辞めるという選択は、リスクというより成長のチャンスだと思います。

 

タキナナ
タキナナ

かく言う私も、大企業時代に学んだことも多くありますが、正直ぬるま湯でした。

 

その後の、外資系企業やフリーランスとして独立した後の経験の方が、自分を強くしていることは、間違いないです。

よって結果的には、今の私が大企業に戻るメリットがそこまでないという状態になりました。

 

タキナナ
タキナナ

今の経験値があれば、今の求人売り手市場の世の中、大企業に再就職することなんて、そんなに難しいことではないとも思います。

 

令和の現代においては、

もしかしたら、この価値観は、多くの人に当てはまり、大企業を辞めるという選択のリスクは、徐々に下がってきているのかもしれませんね。

 

✔︎大手企業からベンチャー、外資へ転職して学んだこと

タキナナ
タキナナ

私は日系の大手メーカーを退職してから、すぐに外資系の企業へ転職を行うことができました。

その会社は、ある国の業界トップレベルの会社で、世界中に3万人以上の社員がいる会社でした。

ただし、日本法人は設立して間もなく、かなりベンチャー気質な会社でもありました。

 

ちなみに、当時私がお世話になっていた転職エージェントは、王道ですが、下記のようなエージェントです。気になる方は是非参考に

リクルートエージェント

doda

ウズキャリ第二新卒

大手企業から外資系へ転職して、感じたことは、日本ってもはや衰退国なんだなぁ」という事実でした。

私が勤めていた外資系企業はIT系だったので、尚更かもしれませんが

例えば、日本の大手だったら、社内のシステムを効率化する為に、何かを変更する場合、稟議に稟議を重ね、半年以上は期間を要するでしょう。

外資系は、1日でシステムが変更されます笑

これは本当です。

 

タキナナ
タキナナ

それくらいのスピード感で、トライアンドエラーを重ねているのです。また収入も実績主義の要素が強いです。

 

 

日本企業は、未だに年功序列制度が残っており、無能な社員が得をして、優秀な社員が損をする構造が残っているので、優秀な社員のモチベーションは下がり、優秀な人は、皆会社を見限って、去っていきます。

外資系に優秀な人が集まりやすいのは、事実です。

 

なので、非効率的なぬるま湯(日系大手企業)から抜け出して、実力主義要素が強い外資系企業で働くことは、自分の実力も伸ばせるし独立する際の自信にもなるので、

 

タキナナ
タキナナ

成長意欲が強い人には、外資系ベンチャーへの転職は、オススメできると思います。

 

▼参考人気記事
外資系IT企業(Web系)への転職がオススメな理由と、登録しておきたい転職エージェント

 

✔︎フリーランスを皆には勧めないが、働き方は今の時代に合っているという話

大手企業→外資系企業を経て

私は現在フリーランスとして活動をしている訳ですが、私がフリーランスとして独立をした経緯や理由は下記です。

・副業を始めて副収入を稼げるようになった

・本当の意味でのビジネスマンを経験したい

・単純に会社員では届かない収入を得たい

在宅で仕事をしたい

・顧客やパートナーを自分の裁量で取捨選択したい

・仕事場所を選ぶ柔軟性を得たい

 

タキナナ
タキナナ

理由を挙げれば、キリがないですが、フリーランスを志した理由は、沢山あります。

 

前の章でも述べた通り、

多くの日本企業では、結果を出しても評価に反映されないシステムであり、仕事をしていない人が得をする現状。そんな日本の会社の社会衰退システムに呆れているというのも、私がフリーランス独立に背中を押された理由です。

 

タキナナ
タキナナ

実際にフリーランスなってみて、私にとって、フリーランスはかなり合っている働き方です。

 

私はブログの副収入もありますが、メインの収益は映像事業です。(ブランディング的に映像の仕事は当ブログでは公開していませんが、、)

 

タキナナ
タキナナ

自分で顧客をゲットして、紹介ベースで更に顧客も増え、売上も上がり、働いた分だけ実績も上がっていきます。

まだまだ、私は成長途中なので、これから更に伸びて、法人化する未来も見えてきました。

 

とはいえ、私はフリーランスを全ての人にお勧めしているわけではないです。

 

タキナナ
タキナナ

なぜなら、人には得意不得意があるからです。

どれだけスキルや経験があっても、営業が苦手な人は、フリーランスは大変かもしれません。

また、営業ができても、スキルが無ければお客様はついてきません。

 

タキナナ
タキナナ

世の中には、大企業で言われたことだけをやっているのが楽だ、、と考える人が多いことも事実なのです。

 

よって、皆にフリーランスを勧める訳ではありません。

ただし、皆さんが知っておかないといけないのは、

企業が正社員を雇うコスパよりも、フリーランスに高単価の仕事を発注する方がコスパ良くなって来ているという事実です。

 

私も個人事業主で1人社長のような体制で、仕事を発注する時もありますが、

 

タキナナ
タキナナ

正直、1人の社員を雇うよりも、複数人のフリーランスとチームを組んで仕事する方が効率的で、コスパも良く、いい仕事ができるというのをすごく実感しています。

 

近年は、企業から企業ではなく、企業からフリーランスに発注される機会も増えてきています。

要するに、大きな会社組織と正社員とのバランスがウィンウィンの関係ではなくなってきているということ。

 

タキナナ
タキナナ

結論、これから正社員の価値は薄れ、フリーランスや1人社長のような人が台頭してくるのは、否定できない事実でしょう。

 

✔︎フリーランスを目指すなら、まずは転職か副業

最近よく増えてるのが、新卒フリーランスという言葉。

社会人経験をしていない学生達が、フリーランスを名乗って活動していたりするケースです。

タキナナ
タキナナ

これは、世の中のいい流れだとは思うのですが、正直私は大半の新卒フリーランスと仕事をしたいとは思いません。

もちろん、中には優秀な方もいるのですが、9割型が当たり前のビジネスマナーが出来てなかったりするので、門前払いなのです。

よって、今すでに会社員を経験している人達は、既に当たり前のビジネスマナーや慣習は身に付いているので、フリーランスになれば、その時点で有利にはなります。

 

とはいえ、急にスキルや実績も無しに、独立するのは無謀なので、副業である程度稼げるようになってから独立するなり、スキルを得られる職場に転職するなりの行動が必要です。

 

タキナナ
タキナナ

ちなみにフリーランスを目指す方へのおすすめは、リモートワークができる、Web系プログラミングデザイン系の職種への転職だと思います。

 

私のように映像系だと、制作会社に入社してみる手もありですね!

 

※社会人や第二新卒の転職におすすめの転職エージェント(リクルートエージェントdodaウズキャリ第二新卒 )は、最後に詳しく紹介しています。

 

タキナナ
タキナナ

おすすめの副業に関しては、下記の記事で詳しく解説しているので、是非参考にしてみてくださいね!

 

 

▼おすすめの転職エージェントについて

リクルートエージェント【第二新卒から30、40代まで幅広く

✔︎案件総数・内定決定数No.1 / 国内最大手 総合転職エージェント

✔︎安定のリクルート/ 求人数は業界トップレベル(在宅ワーク求人も)

✔︎第二新卒向けの求人が多い

 

リクルートエージェントの求人の数は業界トップレベルです。他社転職エージェントで見つからない求人や職種でも、リクルートで見つかる可能性があります。第二新卒はもちろん、地方転職や、30代、40代以上の転職にもおすすめ。

専任のキャリアアドバイザーがあなたを企業へアピールしてくれます。履歴書や職務経歴書、面接のサポートやアドバイスも完全無料。

 

 

Turkey7
Turkey7

リクルートエージェントの公開求人だけでも、例えば、在宅ワーク」で105件ヒットします。

 

また、求人数は多いし、リクルートのサービスなので、安心して使えますね

 

 

安定のリクルート/ 求人数は業界トップレベル

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

 DODA

✔︎10万件以上の求人数(リクルートに次ぐ)

✔︎在宅・第二新卒の求人も多数

✔︎サポート体制やエージェント機能が抜群

✔︎外資系や非公開求人も多い

 

doda は、転職エージェントとして業界No.1の満足度を誇る最大手です。あらゆる業界・職種の求人を探すことが可能です。

これから20代で転職活動を始めようとしているなら、必ず登録しておきたい転職エージェントの1つです。

 

Turkey7
Turkey7

dodaは、エージェントサービスが丁寧で信頼できるので、今回、初めて転職活動をするという人にも、最適な転職エージェントだと思います。

 

dodaについて、もっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事も参考に!
dodaを実際に使った感想、転職にdodaをオススメできる人や理由とは?

 

満足度業界No.1 最大手のサーポート体制

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

ウズキャリ第二新卒【20代特化型転職エージェント】

✔︎第二新卒内定率86%以上

✔︎ブラック企業求人の徹底排除

✔︎若手が欲しい優良企業の求人が多い

✔︎平均20時間以上 ひとりを徹底サポート

ウズキャリ第二新卒は、第二新卒に特化したオススメの転職エージェントです。

内定率86%以上とブラック企業求人の徹底排除に力を入れている点が魅力的で、安心して使えます。

 

✔︎ウズキャリがブラック企業の求人を排除する主な基準

・若手の離職率が高い
・残業時間が慢性的に多い
・求人情報との差異
・ハラスメントの有無

など

 

Turkey7
Turkey7

せっかく転職活動をするのに、転職先が実はブラック企業だったなんて絶対に避けたいですよねウズキャリ第二新卒 は、そんなリスクを最初から排除してくれています。

 

 

内定率86%、定着率93%、ブラック企業排除

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

Turkey7
Turkey7

転職エージェントを紹介しました。これらの転職支援サービスは、どれも完全無料なので、是非有効活用してみてください!

 

✔︎まとめ

以上

タキナナ
タキナナ

大手、ベンチャー、外資系を経て、現在フリーランスの私が今思う事をザックリと述べてみました。

 

転職や就職、フリーランス独立など、人生の転機に悩んでいる方々の参考になれば幸いです。

今回は以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました