5G×自動運転の未来 今の内に知っておきたいこと

FUTURE / GADGET

こんにちは、
外資系リーマンのTurkey7です!


前回に引き続き、
「5Gとは? 世界は変わるあなたは準備ができているか?5分でわかる今の内に知っておきたい5Gの未来
https://turkey7blog.com/5gとは-世界は変わる-あなたは準備ができているか


今回も5Gに関する記事を書いています。


今回のテーマは、ズバリ

「5G×自動運転」
です。

5Gと自動運転 なぜ?

まず、最初に
なぜ5Gと自動運転に関わりがあるのか、
まずそこを疑問に思う方もいることでしょう。


やはり、
5Gが活用される矛先として、
最も注目されている本命が、


自動運転なのです。


じっくり5G×自動運転について
一緒に確認していきましょう!


5Gには、自動運転を大きく躍進させるであろう3大ポイントがあるのです。

「高速大容量」・「超信頼低遅延」・「多数同時接続」


簡単にまとめると、
・高速で大容量の通信にも耐えることができ、
・ほぼリアルタイムの速度で、
・遅延することなく通信を行うことができ、
・更に多くのデバイスや機器が同時に大量に接続しても問題が発生しない

これらが5Gの強みです。


これは、
・急なブレーキに対応しなければならない、
・車同士のお互いのスピードや距離感をリアルタイムで把握しなければならない、
・全ての車がコネクト(繋がれて)されていないといけない


上記のような自動運転の大きな課題を解決してくれるのです。

自動運転レベル0〜5までの段階がある

自動運転には、
レベル0〜5までのレベルがあります。

(レベル0〜5の定義はアメリカの非営利団体SAEが決めた定義です。)

そして、
完全なる無人運転の領域に到達するには、
レベル5のレベルが確立されなければいけないと言われています。


では、
レベル0から5まで、
各レベルごとの自動運転のレベルを確認してみましょう!

レベル0 ドライバーが全てを操作します

実は、皆さんが普段運転している
殆どの車は、まだレベル0に該当しています。


えっ!?レベル5まであるのに、
まだ0なの!驚きますよね?
でも事実です。


運転者が全ての運転タスクを実行している場合は、自動運転機能を有していない従来の自動車に該当されるため、

レベル0と定義付けされます。

レベル1 システムがステアリング操作、加減速をサポートします。

簡単に言うと、
アクセルとブレーキによる前後の動き、
加速と減速、ハンドル操作の一部をシステムが監視・対応するレベルの段階です。


それ以外の運転の対応は運転手が行う必要がある為、
まだまだ自動運転で走行できるエリアは限られています。

レベル3  特定のエリアに限り、全ての操作を自動でシステムが操作します。

レベル3 
さぁここから少し自動運転っぽくなってきます!


高速道路など特定の場所に限りますが、
交通状況を認知して、全ての運転を自動で行います。


レベル2の時は、
ドライバーが常に車から目を離すことができませんでしたが、
レベル3では、それが可能になります。


ただし、緊急時などのやむを得ない場合は、
人間(運転手)が対応を行う必要があります。





 2018年ドイツ車のAudi A8は、
レベル3の自動運転を搭載しているそうです。
これは世界初なのだとか!

しかし、まだ多くの国で法整備が間に合っていない為、
なかなか自動運転で実際に走っている様子は見られないみたいですね。


レベル4 システムが全てを操作します(※エリアは限られる)

レベル4では、
ドライバーとしての人が不要になります。


レベル3との大きな違いは、
緊急時においても、
自動運転技術が人に代わり、
システムが対応出来ることです。



ここで、人が運転に携わることは無くなり、
全ての操作・責任をシステムが主体的に担うことになります。


しかし、まだエリアは特定の場所に限られる為、
また皆さんが想像するような自動運転には少し届きません。


運転の主体が人からシステムになるので、
更に高度なレベルでの周辺検知能力や解析能力、
情報受発信能力などが必要になると言われています。

(5Gの出番となる訳ですね。)


他にも、法律の整備にも時間がかかりそうです。

レベル5  エリアの限定が無くなり、どこでも自動運転が可能になる

レベル5

システムがエリアを問わず、
交通状況を認知することにより、
全ての運転操作を行うことができると言われています。


レベル4同様、もちろんレベル5はシステムが緊急時の対応を行います。


レベル5では、
エリアの限定が無くなり、
全てを自動運転にて行うことができる為、
ドライバー(人)が完全に必要無くなると言われています。

自動車メーカーはアクセルやハンドル等の部品を排除したクルマを
製造できるようになる為、規格や外観、内装も大幅に変わることでしょう。


すごく楽しみですね!
なんかもうここまで来たら、
SFの世界です(笑)


まだ市販段階はされておりません。
テスト走行等は行われている様です。

「コネクテッドカー」 5Gにより現実化されるレベル5

レベル5の自動運転が確立されるのは、
2030年代になると想定されているそうです。


案外、遠くない将来です。


完全な自動運転車は、AI(人工知能)
によって周囲の状況を分析して(アクセル、ブレーキ、ハンドル操作、緊急時の対応)など、
全ての制御を行う必要があります。


そして何より、安全性を確立するためには、
・周囲の車の状況や道路状況
・天候
・地図 など
膨大な量の情報を相互に通信する必要がありますね?


自動運転車が扱う情報量は膨大で、
その膨大な情報やデータを高速で、
しかも遅延なしで行う必要があるため、
高速大容量通信かつ超信頼低遅延5Gの技術がマストになるのです。


そして、
周囲の状況をリアルタイムで認識、把握する為には、
全てがIoT化され、相互に同時に接続された状態でないといけませんね?


それを可能にするのが、
またまた5G多数同時接続の技術なのです。


未来の自動車は、
「つながるクルマ」=コネクテッドカー
として、
全てが繋がった状態になっていることでしょう。


そう皆さんが普段使っている、
スマートフォン同士が繋がっているかのように、

Amazon Prime Video オススメ↓

+5G~次世代通信が描く未来~(第3回「広がるクルマの可能性」)」

 

最後に (現代人は人力車や馬車を使っていますか?)

以上、
5Gと自動運転がなぜ密接に関わっているのかを、少しでも認識して頂けたでしょうか?

おそらく完全な自動運転(レベル5)ができた頃には、
今ある多くの職や会社が消失していることでしょう、

しかし、
それと同時にまた新たなサービスやビジネスが生まれているはずです。
未来を悲観視する必要など全くありません。


世の中の多くの人は物事の本質を見失い、
マイナス面ばかりを見てしまいますが、


現代、
昔のように人力車や馬車を便利だと思って
普段の生活で使用している人など、もう殆どいないでしょう?
殆どではなく、全くいませんね(笑)


車が世に出始めた時代の人にとっては、
ガソリンという燃える燃料で高スピードで走る鉄の塊=(車)
現代のように街中を走っていて、
多くの人を助け、
多くの人を幸せにしている光景を想像できなかったかもしれません。


自動運転が確立されると、
・事故が減る
・移動中に色々な作業ができる
・多くの人に有意義な時間(運転していた時間)が増える


すぐ簡単にこんなメリットが思い浮かびますね。

本当にすごい未来が、
しかも近い将来にあるような気がしますね!

以上
最後まで目を通して頂きまして、
誠にありがとうございました。

良かったら、こちらの記事にも目を通してみてくださいね!

「5Gとは? 世界は変わる あなたは準備ができているか? 5分でわかる 今の内に知っておきたい5Gの未来」
https://turkey7blog.com/5gとは-世界は変わる-あなたは準備ができているか

※追記(おまけ)日系文庫 5Gビジネス「著 亀井卓也」の紹介です。

5Gについてわかりやすく例を用いて説明されています。
私たちの生活やビジネスがどのように変わっていくのか、想像できます。
まだ5Gに関する著書は多くないですが、この一冊は、初心者にもわかりやすく書かれています。
専門用語も多く出てきますが、非常に勉強になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました