財布を忘れた時に現金を作る裏技!LINE PayとセブンATMを使った対処法!

FUTURE / GADGET

外出した際に、

あれ?!財布がない!忘れた!やばい!


こんな時たまーにありますよね?

今、記事を読んでいる方は、
現在財布を忘れて、絶望の最中でしょうか!

もしかしたら、スマホで現金を引き下ろせるかもしれませんので、落ち着いて最後まで読んでみてください!


タキナナ
タキナナ

こんにちは、外資系リーマンブロガーTurkey7です。

 

 

先日私はこういったツイートをしました。

 




財布を忘れた際って、
家を出て間もなければ、取りに引き返すこともできますが、

すでにバスや電車に乗ってしまった場合
しかも、PASMOやSuica、クレジットカードも財布の中

どうしようもないですよね?笑


ツイートの通り、以前私も同じ様な状況がありまして、

サーフィンするため、電車に乗り湘南まで、小田急線で向かっていました。

ふと気がつくと、
財布がないのです。
Suicaに現金も入っていません。

さぁどうする笑


このままじゃ、電車代も払えないし、サーフィンのロッカー代も昼飯代も、帰りの運賃も払えない、、


しかし、
なんとか現金を作り出して、このピンチを免れました。

今回は、
スマホと銀行口座とLINE Payさえあれば、現金を作り出すことが可能だということを、皆さんに伝えたいと思います。

 

LINE Payで現金を作る流れ

当記事を読んでいる方は、現在困っている真っ只中の可能性があるので、

早速ですが、現金を作る流れを箇条書きで、簡単に記載します。

(1〜4ステップ)

1.LINE Payをダウンロード
(すでに持っている人は 2.からでOK)

2.銀行口座情報とLINE Payを紐向け

対応銀行↓

あ行
愛知銀行
青森銀行
秋田銀行
足利銀行
阿波銀行
イオン銀行
伊予銀行
岩手銀行
SBJ銀行
愛媛銀行
大垣共立銀行
か行
香川銀行
北日本銀行
紀陽銀行
京都銀行
きらやか銀行
熊本銀行
群馬銀行
京葉銀行
高知銀行
さ行
埼玉りそな銀行
山陰合同銀行
滋賀銀行
四国銀行
静岡銀行
七十七銀行
親和銀行
荘内銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
十六銀行
常陽銀行
仙台銀行
た行
大光銀行
第三銀行
第四銀行
大東銀行
筑邦銀行
千葉銀行
千葉興行銀行
中京銀行
筑波銀行
東北銀行
東和銀行
栃木銀行
徳島銀行
鳥取銀行
トマト銀行
な行
長野銀行
西日本シティ銀行
は行
八十二銀行
肥後銀行
百五銀行
百十四銀行
広島銀行
福井銀行
福岡銀行
福島銀行
北都銀行
北越銀行
北海道銀行
ま行
三重銀行
みずほ銀行
みちのく銀行
三井住友銀行
武蔵野銀行
もみじ銀行
や行
山形銀行
山口銀行
山梨中央銀行
ゆうちょ銀行
横浜銀行
ら行
楽天銀行
りそな銀行

 

意外と地方銀行も多いですね!

3.送金 銀行口座→LINE Pay
   スマホで簡単操作


4.セブンイレブンのATMで
 QRコードを読み取り、出金  


完了


以上がおおまかな、
4ステップの流れです。

意外と簡単ですよ!

 

LINE Payとは

LINEアプリ
QRコード決済が可能なサービスです。

QRコードをスキャン、もしくはスキャンして貰うだけで、
現金やクレカなしで、支払いや送金ができる便利なキャッシュレスサービスですね。


主な機能としては、

・チャージ機能
LINE Payへ入金
・送金機能
友達や親に送金も可能
・決済機能
提携している店舗やコンビニなどで支払いが可能。加盟店は急速に増えています。
複数人の場合、支払い時に割り勘も可能
・出金機能
 残高を引き出す
※今記事で利用する機能です!!!

 

登録の流れ

登録の流れは簡単です。

LINEを起動→ウォレット→LINE Payへ
新規登録規約に同意

パスワード設定(6桁の数字)

銀行口座の登録
対応銀行は、
上記(LINE Payで現金を作る流れ)に記載しています。
必要事項を入力

口座情報や暗証番号など

本人確認完了

 

これにて、チャージさえ行えば、
すぐに利用することが可能となります。

 

チャージ方法について

まず初めに、
LINE Pay
クレジットカードからのチャージはできません。

下記の5つのチャージ方法があります。

・銀行口座からチャージ
・セブンATMでチャージ
・LINE Payカードを購入してレジにてチャージ
・Family MartのFamiポートでチャージ
・QRコードを使用してレジでチャージ

今回は、
財布や現金が手元にない場面ですので、
スマホを使ってLINE Payへチャージする必要があります。

よって、
1番目の銀行口座からチャージの方法を使います!!

LINE Pay 登録時(後から設定も可能)チャージのために銀行口座を登録しておけば、

銀行口座を登録しているだけで、
スマホ操作だけで、いつでも、どこでも
カンタンに口座からLINE Payへチャージすることが可能です。

 

LINE上でのチャージ手順(銀行口座から)

LINEを開き

ウォレットをクリック

・LINE Payの画面を開き
 残高〇〇円と表示されている横にある 
  +←をクリック
銀行口座を選択

・登録している口座が表示されるので、
 口座を選択→チャージ金額を入力
 (100円単位までチャージ可能ー2019年10月時点)

チャージをクリック

完了です。

 

実際に出金しよう!(セブンATMが必要)

私が実際に、現金を作り出した時の写真です!野口さん3枚!

ここまできたら、
あとは、バーチャル上の通貨を現金に変換するのみです!

ゴールが見えてきましたね!!

LINE Payへチャージしたお金は、
セブンイレブンのATMで、現金化することができます。
QRコードを使って手続きを行います。


よって、
まずは、グーグルマップを使用して近くにセブンATMがあるか確認しましょう!!
セブンイレブンがあれば、セブンイレブンへ直行しましょう!!!


そして、
セブンATMの前での操作手順は、

・スマホのLINE Payを開き

セブン銀行ATMをクリック

出金をクリック

・するとコードリーダーで撮影できるようになります
 (QRコードを認識するカメラが起動)

コードリーダーでセブン銀行ATMのQRコードを読み取り

・スマホに番号が表示される(認証のため)

番号を入力

・取引(出金)が可能になる

完了

以上です。

おめでとうございます!!!
これで、現金を作ることができました!!!!!

 

注意点(手数料と限度額)

出金する際に、注意しておく必要ある点が2つあります。

まずは、手数料に関して
LINE Pay残高を出金する際は、
1回につき、216円の手続き手数料が発生します。

また、セブン銀行ATMからの出金限度額は、
1日1万円までと決められています。

ちなみに、
(口座からLINE Payへの送金限度額は1日10万円です。)

注意しておきましょう!

 

まとめ

以上

出先で財布と現金を忘れていることに気づき、ただいま絶望している方へ向けて記事を書きました。

私自身がサーフィンへ出かけた際に、財布と現金、クレカを忘れ、この方法で現金を作れて、非常に救われたので、

多くの人に知って頂けますと幸いです!

少なくとも、もう今の時代【キャッシュレス社会】

LINE PayPayPayくらいは、普段から使うクセを付けておいてもいいかもしれませんね!

以上最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


ではー!!^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました