【英語を話したい人】へ 目標があればすぐに話せるようになります。

LANGUGE / ENGLISH

・英語を話せるようになりたい
・どうしたら英語を話せるようになるのか
・英語を話せる人はいつから話せるんだろう
・外国人の友達が欲しいな
・留学に行く前に、少し不安だなぁ


当記事のターゲットは、
上記のような思いを抱いている、英語学習に対するモチベーションの高い皆様です。
ぜひ、記事を読んで
英語学習のモチベーションをあげてください!!

こんにちは!
日系大手メーカを退職して、
現在は都内の外資系企業に勤めるTurkey7です。

まず最初に私自身の英語学習の経験や留学経験について、まずは簡単に下記に述べて行きたいと思います。
↓↓

スタディサプリEnglish ビジネス英会話

なぜ英語を話せるようになりたいのか

まず私自身の話をしますと、
大学時代、3カ国へ留学していました。
カナダ、アメリカ、オーストラリア

最も長かったのは、
1年間交換留学をしていたオーストラリアです。

当時の私の大きな夢は、
世界で活躍するFire Fighter(国際緊急援助隊)になる事でした。

しかし、

世界での様々な経験や出会いを通して、
目標や夢が新たな方向へ向きました。

現在は外資系企業で働いています。

(ポイント)
私は英語を話せるようになりたいという目標の上に、
世界で活躍するFire Fighterになりたいという大きな目標がありました。


だから、
留学という決められた期間の中で、
「ゼッタイに英語ペラペラになってやるぜ!!」
↑こんな感じの強い意志がありました。 

そうならないといけないと思っていました。 

(例えば)
ニュースや時事ネタの難しい話題になったとしても、英語で話せるようになってやる!!
みたいな感じでギラギラしてました。

英語を話せるようになることは、
私にとって通過点であり手段だったということです。


自分の大好きな人や恋人が外国人だったりすると、まずコミュニケーションを取りたいから、必死に彼・彼女と仲良くなるために語学を学びますね?


こういったタイプの人達はすぐに英語を話せるようになる確率が高いです。
なぜかというと、
彼らにとって語学を学ぶのは、目標(仲良くなりたい)の為の手段だからです。

 
プロのサッカー選手や海外で活躍する俳優も同じだと思います。
みなさん外国語話しますよね。
手段だからなんですね!  

英語を学ぶきっかけが、

・海外に対する憧れ
・海外のアーティストが好きだから!


という様なきっかけでも全然いいと思います。

ただし、
ここで注意しておきたい点は、
あなたは彼らにはなれません。

よって、
なるべくずっとモチベーションを維持できる目標を早く見つかった方がいいかもしれませんね。     


実際、留学へ行くと

・日本人同士ですぐ群れる人
・外国の方と積極的に関わらない人
 が多くいます。

別に個人の自由なのでそれはいいと思います。 

確かに、
海外に来ている日本人だからこそ、もちろん面白い人や魅力的な人多いと思いますよ! 

↑↑
しかし、
もしあなたの目標を達成する為の手段として、英語を学ばれるのであれば

厳しい言い方をすると、
「その群れに入らないで欲しいです!」

確かに異国に1人で来て不安で寂しくて大変だけど、
楽な方向へ甘えないでください。  

もし、本当に語学の習得を急ぎたいのなら!

現在の自分のレベルは

普段、あまり英語を使う機会のない方々は
自分の英語のレベルをどう捉えていますか?  

中学/高校で習ったが、
「話せないし、、、」
「聞き取れないし、、、」とか 

話せないレベルだと思い込んでたりしませんか?      


ではここで質問です。

海外の方に日本語で簡単な挨拶や自己紹介をされると、
どう思いますか??

「すごい!!」とか
「日本語上手ですね!」

とか言ってないですか?笑  

Hi! Good to see you! I’m 〇〇. I’m currently studying English because I want to live in London next year.
(おっす!俺は〇〇やで!来年ロンドンに住みたいから、最近英語勉強してるんよ!)


海外の方がこれ言うと 話せるやん!って思わないですか? 


この文章の英語くらいなら、
中学高校レベルの知識で十分話すことができます。   



回りくどいですが、
結局何が言いたいかと言うと、

急にノンネイティブがネイティブレベルのような英語を話す必要はないですし、
それは不可能です。

ただ、
実は皆さん簡単な英語は話せるんですよ? 
簡単な挨拶はすでに話せるじゃないですか? 


赤ちゃんが言葉を覚えるのと同じです。
最初は簡単な言葉を、
「恥ずかしがらずにアウトプットして覚えて行くのが必須」です。

徐々に単語や言い回しを足し算していけばいいんです。
それに慣れてくると、
徐々に足し算だったのが掛け算のように話せるようになってきます 


言葉を話す=アウトプット です。
口から発せられる音です。

変にカッコつけずに、
周りの目を気にせず 
堂々と英語を発することができる人が一番成長しますよ。
          

よくある質問

「どうしたら英語話せるようになるの?」 
「海外に住んだらそうなるの?」
その質問にわかりやすいようにサッカーに例えて答えます↓

サッカーが上手くなりたいなら、あなたはどの道を選びますか? 
      
①.1年間サッカー上達の本を読み続ける
②.1年間サッカーの本場ブラジルでチームに入りサッカーの練習漬けになる
③.1年間サッカー大国ブラジルに住むだけ


目的がサッカー上達ならだと思いませんか?

よって、
いくら留学経験があろうが、
の感覚でいる人は、
の人の成長スピードには置いていかれます。   

・料理上手くなりたいならレシピ本読み続けるより野菜をまず切る練習。

・営業電話上手くなりたいなら、上司の見てるんじゃなくて何回も営業電話の
 数をこなして自分のパターンやお客様のパターンを掴む練習。 

・英語も全く同じです。


使ってください!!話してください!



「留学や海外に住む機会がないから」とか、
「周りに英語話す人がいないから」とか

正直今の時代そんなの関係ないですよ!! 
海外に長期いても、
意識や意思が弱い人は、
大したレベルの語学力はそもそも身に付かないです。


逆に日本にいても
・スカイプやオンライン講座で勉強する人もいます。
・Language Exchangeなどに積極的に参加する人もいます。

他にも、
外国人の多いBarやパブで友達を作るなど
方法なんていくらでも
ありますよ!!!

皆さん、
レベルには個人差があるし、
最初は挨拶程度かもしれません。
しかし英語は話せるんです! 

憧れ目線になり過ぎたり、
変にカッコつけちゃったり、
周りの目を気にしちゃったりせずに、
背伸びなんかせずに! 

「Hi!! 」ってどんどん話す練習を続けてください。  

私の英語勉強法を教えます

パーティーでシャンパンを飲む友人 無料写真

1人でBarへ行く   

私が英語を勉強し始めた当初は、
テストやTOEICで点数を取ることに全く興味がありませんでした。
今もそうですが、
「ただ話せるようになりたい!!!
その一心でした。 

なので、
とりあえず英語を使える環境を探していました。

大学に英語の先生はいましたが、
私は同年代でノリのいい友達が欲しかったので、

Barに出向き、
近くで飲んでいる外国人と友達になったりしていました。

そこで拙い英語を躊躇せず使いまくっていました 

不思議と、
次第にスラスラと文章が出てくるようになるんですよね。

ネイティブの友達も私の英語を直してくれます。
向こうも日本語を学びかったりするので、
お互いにとってプラスなんです

これが「language Exchange」です。

「英語を話せるようになりたいから、話せる環境や機会に飛び込む」 
 ということです。

ちなみに、
私は東京や大阪などの大都市ではなく、
地方の出身です。 

都会に比べると間違いなく外国人は少ないですが、
そういった環境でも、

自力で英語を使える環境を見つけて、
英語を話す練習をしていました。

本当に自己紹介からでいいんですよ。
だからどんどん周りの目を気にせずに話してください。

ましてやあなたが東京や大阪などの大都市にいるなら、
正直 英語を話せるようになんて すぐなれますよ。

↓過去参考関連記事

外国人の友達が欲しい 今日外国人の友達ができる方法5つ/メリット/注意点

https://turkey7blog.com/外国人の友達が欲しい-今日外国人の友達ができる

映画と音楽

大学の授業でおもしろい先生がいました。

私は高校時代から授業などに興味がなく、
大学時代も出席カードだけ出して授業など抜け出していました。


しかし、
自分が気に入った先生の授業は出席していました。


その先生は、

・少し派手めな女性
・周りの目を気にしない雰囲気の人
・ハリウッド女優のような服装


そういう型にはまらない感じが大好きでしたね。

先生はいつも授業の終わりに、
洋楽をかけてくれるのです。

しかもご自身で和訳された翻訳をつけて歌詞を全員に配布してくれました。

最近の若者が好きそうな曲から、
少し古い曲から内容は様々でした。

私も小さな時から親の影響で洋楽が大好きだったので、

その先生の授業を受けてから、

ひたすら、
その洋楽で勉強(洋楽を自分で和訳する、歌ってアウトプット)をするようになりました。

教科書に載っている例文は、
日常で全く使わない英語表現ばかりなので、

間違いなく洋楽のフレーズを覚える方が私にとって
実践的で魅力的な勉強法でした。

英語学習における本質は、
「和訳せずに英語のまま聴き取れる
ようになることです。

英語脳を作る=英語で英語を聞きとる 

日常生活の中でも、
洋楽をただただBGMとして流すのと、
何を言っているのか意識しながら聴くのとでは、

長い目でみれば、
英語のリスニング力に大きな差が生まれると思いませんか?


音楽で英語を勉強する別のメリットが、
発音が良くなることです。

もちろん英語の発音は気にしすぎて、
英語を話すことにシャイになってしまってはダメです。

まずは話すことが目的ですから、
相手に通じれば、
まず言語の役目は果たしていますね。

しかし、
英語を勉強する人で、
「発音の優先順位を下げすぎる人
って日本人だけではなく、
海外にも本当に多いように感じます。

これは私が世界に出て、
80カ国以上の人々の英語を聞いてきたからこそ、確信しているのですが、正直本当に発音が悪い人の英語は聞き取るのに苦労します。

確かに言語は通じればいいと思うんですけど、、
私の美学というか、、

せっかく英語を話すんだったら、

・相手にも聞き取りやすいように、
・スムーズにコミュケーションを取れるように
話したいじゃないですか!

なので、
洋楽や洋画で出てくるお気に入りのフレーズやセリフを、
暗記して発音よくフルエントに話す発音の練習なども、
良かったら反復してみて下さい。

※フルエント(fluent)..able to speak or write smoothly or easily.

洋画のフレーズなんて、
本当にそのまんま暗記して、
その発音を真似て外国人に使ってみるといいですよ! 

それがおもしろいフレーズだったら
笑いのネタにもなり、
仲良くなれるきっかけになりますしね。

BBCやCNNのニュースを聞いて、誰かに共有

ニュースベクトルトレンディーなバナー

ここで少し真面目な感じの勉強法になりますが(笑)
本質は同じでアウトプット(使う事)ですよ。

日常会話レベルではなく、
多少難しい内容になっても、
英語で理解して話せるようになりたいですよね。 

特にビジネスの世界で英語を使いたいならこのレベルになるのがベターです。


ここで、おすすめしたい方法↓

1、朝起きてBCCのニュースを見る
2、2記事くらい興味のある分野をピックアップ
3、その記事に出てくる知らない単語の意味を調べる
4、友達にそのニュースを共有する(この際に知らなかった単語を友達に教える)


BBCサイト
https://www.bbc.com/news

この方法です。 
難しい単語をひたすらインプットで辞書を引いて覚えても、
人間は時間が経てばすぐに忘れてしまうのです。

経験あるかと思いますが、
私なんて日常です笑

しかし、ここでアウトプット(人に教える)という工程を入れる事によって記憶の残り方が格段に上がります。

アウトプットをして実際に使っているからなんです。 

受験勉強の際、
1度学んだ事を人に教える事によって
さらに自分の理解度が上がるのと同じです。

是非、試してみてください!! 
私はオーストラリアの大学にいる時、
この方法でかなり成長しました!

英語を話せるメリット

最後に私が思う、
英語を話せるメリットをお伝えします。

情報量が圧倒的に増える。

実は世の中の情報の50%以上は英語媒体と言われています。
ちなみに日本語媒体の情報量は、
世界の情報量のたった5、6%位なんです。

少しショックかもしれませんが、
これが現実であり、日本語しか理解できないのは、圧倒的に情報社会において不利です。


中国語の情報量も間違いなく、
これから圧倒的に増えていくと思います。
(ちなみに私は現在中国語を勉強しています。)

それでもやはり、
英語は世界の使用言語ランキングではトップであり、
間違いなく、これからも必要性は増していく事でしょう。


このサイト(英語のみ)に
言語別の様々なランキングが出ているので、
英語の勉強がてら参考にして頂けると嬉しいです。

https://www.internetworldstats.com/stats7.htm

考え方が柔軟になる。

考え方が柔軟になるのは間違いないです。
なぜかと言うと、
英語に限らず言語を学ぶ過程では、(資格やテストのための勉強は除く)外国人と関わる機会が間違いなく増えます。

外国人は日本で育ってきた人々とは、違った環境、考え方、宗教、歴史の中で育ってきていますから、私たちにはない価値観の共有を得る事ができます。

だからドメスティックな人を否定する訳ではありませんが、そういったグローバルな価値観を得る事で、心が寛容になりやすいと思います。

積極的になる

言語は何なのか」という事を深く考えたことがあります。
私は言語とは文化だと思っています。

日本語は相手を敬う文化があるので、
言いたい事を遠回しに言ったり、
少し相手を気遣い間接的なニュアンスにしたりします。
よく言えば、
尊敬や気遣いの文化がよく言語に現れています。

スペイン語だと、愛や情熱、陽気なニュアンスが多いです。

英語は、ロジカルで言いたい事をYes or Noで聞いたり答えたりする事が日本語と比べると圧倒的に多いです。

バイリンガルやトリリンガルの人は、話す言語によって性格が変わる傾向があります。

英語自体がそもそも、
ドイツ語やラテン語など様々な言語から成り立ってきた歴史があります。
言語としては新しいので、ロジカルな言語であるという事は理に適っています。


私も英語を話している時の顔や雰囲気が違うと 
何回か言われたことがあります。

自分でも英語を話している時の方が、
言語柄 自分の主張をズバズバしやすいので、

思った事を主張する傾向にあります。

=内向的な性格が悩みの人は、
英語を話す練習が外交的になる為の効果的な手段になる可能性があるってことですね!!

レアジョブ英会話

オススメの本

「英語を話せるようになりたい!」という方へ

英単語や文法を覚えることも大切ですが、日本人が特に気をつけないといけないポイントがマインドです。日本人はシャイな人間違いを恐れる人が多いという事は、事実です。

下記は、私が学生時代に読んだ本ですが、とても面白いですよ! 私はインド人の友達もいますが、確かに彼らは、いくら文法や単語、発音が多少間違っていようとも、ドンドンドン英語を話します。

そういった姿勢が大切なんです。 気になる方は是非参考に、、リンクを貼っておきます。

英語は「インド式」で学べ!

会話はインド人に学べ!

 

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます!! 

また英語に関する記事は、これからも上げていきますので、
是非これからも参考にして頂けると嬉しいです。

他オススメの過去記事です↓

【英単語を覚えるな!】 倍速で英単語を実践で使えるようになる方法【必見】

https://turkey7blog.com/【英単語を覚えるな!】-倍速で英単語を実践で使


皆さんの英語学習、
心より応援しています。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました