残業帰りづらい 脱社畜計画 「もう帰るの?」「えっ?まだ残るの?」嫌われる勇気が大切

BUSINESS

残業したくないけど、残業せず1人だけ帰ってもなぁ、、、協調性がないと思われるし、、、職場に馴染めなくなるしなぁ、、、

 

こんなお悩みをお持ちの方、当記事を参考に

 

タキナナ
タキナナ

こんにちは!ブロガーのタキナナです。私は2019年、残業ばかりの大手日系メーカーから外資系IT企業へ転職して、現在は基本定時で仕事を終わらせる毎日を送っています!

 

今回は、「思考を変えて定時で帰る考え方転職をオススメする理由」を解説します。

 

▼下記のような方には、参考になる内容だと思います。
・残業でストレスを感じている方
・帰れない雰囲気にイライラしている方
・職場環境を変えて幸せになりたい方

 

※記事を読み始める前に、
現在私と同じ会社員をしている方で、残業を美徳だと感じている方、一生同じ会社に勤める事を考えている方は、当記事を読まない方がいいと思います。おそらく「ムッ!」って感じてしまいますので、そういった方はすぐにページを閉じてください。

 

OL「定時で帰りたくても、営業マンは残業中、帰り際になっても仕事を頼まれるし、客からは短納期で仕事依頼されているし、ありえない」

新入社員「月の平均残業は10時間以内と聞いていたのに、入社してみると、先輩や上司達は勤怠をピッって押した後に、オフィスの席に戻ってくる 何だこの人たち」

中堅社員「なんで、俺らが残業でイライラしてる中、新人は当たり前のように定時で帰りやがんだよ…」

会社員A「はぁー、別に俺の仕事片付いてるんだけど、上司や先輩が残ってるから帰りづらい雰囲気…  タバコ休憩ばっかして、残業してる奴らになんで俺が付き合わなきゃいけねぇんだよ」
タキナナ
タキナナ

本当にアホくさいですね。あるあるだと思います。


結局お互いあの人が残ってるから私も残らなきゃと考えてしまう

お客様を待たせるわけにはいけないから、
残らないといけない、、、と考えてしまう


しかし、残業せず1人だけ帰っても

▼協調性がないと思われる。
▼職場に馴染めなくなる。

 

タキナナ
タキナナ

正直そんな付き合い残業なんて、協調性でもなんでもないです。

恐らく、残業が当たり前になっている人達からは、反論されるかもしれませんが、

深い意味で相手や周囲のことを本当に思いやるなら、定時で帰ることがベストです。

 

これを読んだ皆さんは、「お疲れ様です!」と自信を持って言って定時で帰りましょう。日本のおかしな習慣を改善していきましょう。

 

今記事では、そんな無駄な残業ばかりの状況から脱出するための考え方オススメの転職エージェントを共有します。 

 

 

✔︎当記事でオススメ紹介している転職エージェントは下記です。


【統合型エージェント】

✔︎リクルートエージェント
公式HP→
https://www.r-agent.com

✔︎DODA
公式HP→
https://doda.jp/

【20代特化型エージェント】

✔︎
ウズキャリ第二新卒
公式HP→
https://daini2.co.jp/


 

 

 

✔︎日本の働き方はやはりおかしい

私は2019年日系の大手企業から外資系IT企業へ転職しました。

 

タキナナ
タキナナ

私は残業ばかりの日系企業からホワイトな外資系企業へ転職して、大正解でした。毎日定時で帰れますし、副業の時間も確保できています!

 

以前私が働いていた日系企業でも、残業×残業×残業する人がかなりいました。

出社時間には厳しいのに
退社時間には甘い会社


「遅刻は許されない」
「遅刻なんて責任感がない」

多くの日本の会社では、遅刻したら白い目で見られますよね?

 

タキナナ
タキナナ

ではなぜ、退社時間は、定時を過ぎても文句を言われないのでしょうか?

 

うーん正直本当におかしいですよね(笑)

 

残業代がでる会社なら、まだしも世の中には残業代が出ない会社も多いことでしょう。

例え、残業代が支給される会社に勤めていても、雇用契約の時間に沿ってプライベートと仕事を両立させたいという人もいますよね。

 

タキナナ
タキナナ

結局、会社は利益を追求している組織なので、そりゃ従業員をコスパ良く、安く使いこなしたいのです。(これ真実ですよ。)

 

・学ばさせて頂いてる
・色々な経験をさせて頂いている


このように全ての事に対して、感謝の気持ちを持つ事は大切です。

しかし、それは度が過ぎるとブラック化していくのです。

本来、会社と会社員は対等な立場です。=ビジネス関係

 

若い会社や先進的な会社であれば、個人の時間を大切にしてくれる職場もあるかもしれないけど、多くの日本の会社は、残業に抵抗感を持っていない気がする、、、

 

タキナナ
タキナナ

組織が大きくなるほど、現場は誰の目にも留まらない。望まない残業で苦しむ人が多いかもですね。

 

私がオーストラリアへ住んでいた時は、残業する人なんて、1人もいなかったなぁ、、、

 

タキナナ
タキナナ

日本では、安い労働賃金で質の良いサービスが求められる社会なので、オーストラリアのような文化が根付くのは難しいかもです。

 

タキナナ
タキナナ

日本で雇われて働くということは本当に大変な事なのかもしれませんね。

昔から お金というものは、物々交換から始まっています=等価交換

それが紙幣となり、お金がより世の中に流れるようになりました。よって、本来売る側と買う側の立場は対等であるべきなのですが、

なぜか日本には「お客様は神様」という的外れな考え方が浸透してしまいました。

それを今の時代になっても信じてる人が多い=お客様の求める質が価格より高い

これが日本の最悪な労働環境を生んでいる1つの原因とも言えます。

 

 

✔︎定時で帰ればいい 

では、やりたくもない残業で苦しんでいる方は、どうすれば良いのでしょうか?

 

タキナナ
タキナナ

定時で帰ればいいんです。 
転職という手段もあるじゃないですか。

 

残業代が出ない会社や、残業時間がひどい会社で働いているなら、定時で帰ってしまえばいいのです。

関連記事残業=無能の構図は正しいのかー外資系で働く私は残業しない

 

タキナナ
タキナナ

本来、定時で帰るなんて誰にでもできることなのです。嫌われる勇気さえ持っていれば、、、

 

でも多くの人はそれが出来ずに、苦しんでいますね。

 

では、なぜ定時で帰れないのでしょう?

「協調性がないと思われる。」
「職場に馴染めなくなる」

「皆から嫌われてしまう」

 

こういった理由でしょうか。
=他人にどう思われるかですね。

タキナナ
タキナナ

皆さんは、他人にどう思われるかを気にしすぎていないですか?

 

はっきり言って、多くの人は皆自分のことしか考えていません。

他人に興味がありません。

なので、多くの人は自意識過剰になりすぎている可能性があるかもです。

 

✔︎嫌われる勇気を持ちましょう。

他人にどう思われるか

 

タキナナ
タキナナ

こんなことを考えていたら、一生残業から解放されることはないでしょう。

 

 

なぜならあなたは、嫌われることを恐れているからです。

自意識過剰になりすぎる必要はありません。

転職にしても、
退職にしても、
仕事の進め方にしても、

実際に行動をして幸せになる人は、相手が自分をどう思うかなんて気にしすぎません。自分の気持ちを尊重します。そして行動に移します。

 

もし悪質な残業に苦しんでいる状態で、それを「おかしい!!」と思っているのなら

 

タキナナ
タキナナ

定時で帰ってしまえばいいのです。それがあなたの為にもなりますし、世の中のためにもなります。

 

 職場の上司や先輩の中には、定時で帰るあなたに対して、文句や嫉妬をする人もいるかもしれませんが、

心配してくれる上司や先輩、あなたの行動に共感してくれる人もいるかもしれません。


最終的に会社が従業員の為に、(新たに人を雇う・労働環境の見直し・業務の振り分け)それなりの措置を施してくれる可能性もあります。

しかし、あなたが嫌われる勇気を持てずに行動できなければ、何も変わらないでしょう。

 

下記は、有名なベストセラー「嫌われる勇気」です。この記事を読んでいる読者さんには是非読んで欲しい1冊です。考え方が変わると思います。そして、「あなたがなぜ現状を幸せに感じられていないのか」を教えてくれます。

 
 

✔︎転職も前向きに

タキナナ
タキナナ

私は実際に2019年1月に約2年勤めた残業ばかりの日系大手メーカを退職して、ホワイトな外資系IT企業へ転職しました。

 

参考記事転職先が決まってないのに退職!?私の経験談と注意点 なんとかなるさ

 

ちなみに私は、転職で下記が実現できました。

・残業しなくてOK(結果主義)
・有給が取りやすい

・グローバルな環境で働ける
・給料が上がった
・比較的働き方は緩い
・色々と鍛えられる
・周囲の人から興味を持って貰える

 

ストレスを抱えながら、残業で人生を無駄にしてしまうくらいなら、私のように転職をする事だってかなり有効的な手段です。

 

転職で残業から解放されたいけど、転職にオススメな転職エージェントがあれば教えて欲しいです。

 
 
タキナナ
タキナナ

私は今まで多くの転職エージェントを使ってきましたが、やはりdodaリクルートエージェントなどの大手がオススメです。第二新卒であれば、ウズキャリ第二新卒なども良さげでした。

 

Turkey7
Turkey7

転職エージェントを活用すると、面接のスケジュールを調整してくれたり、色々と求人を紹介してくれたりするので、会社の業務や残業などで忙しい人や疲れている人にも、使いやすいです。

 

 

▼下記で各転職エージェントについて詳しく解説しています。

【統合型エージェント  第二新卒から30、40代まで幅広く

リクルートエージェント

✔︎案件総数・内定決定数No.1 / 国内最大手 総合転職エージェント

✔︎安定のリクルート/ 求人数は業界トップレベル(在宅ワーク求人も)

✔︎第二新卒向けの求人が多い

 

リクルートエージェントの求人の数は業界トップレベルです。

他社転職エージェントで見つからない求人や職種でも、リクルートで見つかる可能性があります。

第二新卒はもちろん、地方転職や、30代、40代以上の転職にもおすすめ。

専任のキャリアアドバイザーがあなたを企業へアピールしてくれます。履歴書や職務経歴書、面接のサポートやアドバイスも完全無料。

 

 

Turkey7
Turkey7

リクルートエージェントの公開求人だけでも、例えば、「在宅ワーク」で105件ヒットします。

 

また、求人数は多いし、リクルートのサービスなので、安心して使えますね

 

 

安定のリクルート/ 求人数は業界トップレベル

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

 

 DODA

✔︎10万件以上の求人数(リクルートに次ぐ)

✔︎在宅・第二新卒の求人も多数

✔︎サポート体制やエージェント機能が抜群

✔︎外資系や非公開求人も多い

 

doda は、転職エージェントとして業界No.1の満足度を誇る最大手です。あらゆる業界・職種の求人を探すことが可能です。

深田恭子さんがDODA子を演じてるCMも有名ですね。

これから20代で転職活動を始めようとしているなら、必ず登録しておきたい転職エージェントの1つです。

 

Turkey7
Turkey7

dodaは、エージェントサービスが丁寧で信頼できるので、今回、初めて転職活動をするという人にも、最適な転職エージェントだと思います。

 

dodaについて、もっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事も参考に!
dodaを実際に使った感想、転職にdodaをオススメできる人や理由とは?

 

満足度業界No.1 最大手のサーポート体制

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

 

20代特化型転職エージェント

① ウズキャリ第二新卒

✔︎第二新卒内定率86%以上

✔︎ブラック企業求人の徹底排除

✔︎若手が欲しい優良企業の求人が多い

✔︎平均20時間以上 ひとりを徹底サポート

ウズキャリ第二新卒は、第二新卒に特化したオススメの転職エージェントです。

内定率86%以上とブラック企業求人の徹底排除に力を入れている点が魅力的で、安心して使えます。

 

✔︎ウズキャリがブラック企業の求人を排除する主な基準

・若手の離職率が高い
・残業時間が慢性的に多い
・求人情報との差異
・ハラスメントの有無

など

 

Turkey7
Turkey7

せっかく転職活動をするのに、転職先が実はブラック企業だったなんて絶対に避けたいですよね。ウズキャリ第二新卒 は、そんなリスクを最初から排除してくれています。

 

 

内定率86%、定着率93%、ブラック企業排除

上記をクリックすると公式HPへ飛びます。

 

 

 

Turkey7
Turkey7

以上、オススメの転職エージェント3社を紹介しました。これらの転職支援サービスは、どれも完全無料なので、是非有効活用してみてくださいね!

 

 

また、外資系企業などは比較的残業が少なく、結果主義な企業が多いので、オススメ。

リモートワーク(在宅ワーク)も、そもそも残業という概念自体が無くなるのでオススメです。

✔︎最後に

現代において、残業にストレスを感じている人は沢山います。

そのストレスや怒りを心の中に閉じ込めて、
・改善しなかったり、
・放置しておくのは、
あなたの健康や精神にとっても良くないです。

世の中にとっても良くありません。


サービス残業や悪質な残業に対しておかしいと思っているにも関わらず、

「お客様のためだから」
「先輩や上司に白い目で見られるから」
「皆に嫌われるから」
「残って働いている仲間に申し訳ないから」

こういった理由で嫌々ストレスを溜め込みながら残業をするのならば、結局、あなたは他人に嫌われることを恐れているのです。

 

はっきり言って、残業してるあなたも、残業当たり前の社会を作ってしまっているメンバーになってしまっている事に気付いてないのかもしれません。

 

タキナナ
タキナナ

もっと多くの人がストレスや悪質な残業(人生の消耗)から解放されて、日本の社会がもっーと幸せで溢れて行くことを望みます。



今回は以上です。

参考人気記事

残業なんて無駄、帰りづらい雰囲気?-人生の消耗

第二新卒、転職経験者がオススメする転職エージェント3選+3選【安心サポート】

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました