年収や月収に捉われてしまうサラリーマンが気づけない事【人生と時間】

BUSINESS

なぜ、世の中の多くのサラリーマンは、年収や月収に捉われてしまうのか、年収・月収思考は、もしかしたら思考停止かもしれません。

 

タキナナ
タキナナ

こんにちは、大手メーカーを退職→外資系IT企業に転職→2020年8月からフリーランス独立したブロガーのタキナナです!



まず最初に、
労働や残業が素晴らしいという価値観を持たれている方は、この記事でムッとしてしまうかもしれませんので、読まないでください。先に言っておきます。


この記事は、正社員や契約社員など
会社員として雇われている方々へ向けてメインに記事を執筆しています。


タキナナ
タキナナ

こんな記事を書いている私も約3年間サラリーマンをしていました。別に労働で対価を得ることを否定している訳では、ありません。



サラリーマンとしての生き方に疑問を持っている方や労働に疑問を持っている方がこの記事を読むのに適しています。

ではよろしくお願いいたします!

 

 

✔︎時間を増やすことは不可能(時間=命)

 

タキナナ
タキナナ

私は2019年日系の大手企業から外資系IT企業へ転職しました。前職の日本企業にいた際と外資系企業での私の働き方は全く違います。


サラリーマン=時給  です。

サラリーマンは会社に時間を売っています。(=労働)

自分の時間という商品は、増やすことができません。なのに、サラリーマンは自分の時間を会社に売っているのです。

 

タキナナ
タキナナ

私は、この考え方をかなり強く意識して働いています。

 

皆さんは自分の時間を本当に大切にしていますか?
世の中で唯一人の力によって増やすことのできないものは何ですか?




それは、




Time…..




時間  です。




名声や物やお金は、努力で増やすことができます。

しかし、誰一人として、時間を増やすことはできません。

それは、スティーブ・ジョブズでも、ホリエモンでも、本田圭佑でも同じです。

 

皆時間は、平等ですね。

でも、なぜか有名な人達や世の中に価値を発信している人達は、サラリーマンの何倍も何十倍も稼いでいます。

 

タキナナ
タキナナ

答えは簡単で、彼らは、時間ではなく、価値を売っているからです。

 

サラリーマンは、労働をしているだけで、本当の意味でのビジネス(価値創造)はしていないのです。

例えば、会社がすごいだけで、退職した後に「〇〇会社の〇〇です。」と名乗れなくなり、ビジネスをしていたのは、会社であって自分ではなかったと気付く人も多いですよね。


何度も言いますが、サラリーマンは時給なのです。


バブルの時代は、市場が儲かり続けていたので、サラリーマンが賢い選択肢だったのかもしれませんね。


しかし、
今の時代は違いますよね日本では、インフラも完備され、ITやAIも発達してきました。個人でもビジネスをしやすくなった時代です。

 

タキナナ
タキナナ

例えば、今の時代に副業もしないで、労働収入だけで生きて行こうとするのは、そもそも時代に合っていないのかもしれません。

 

 

 

✔︎労働がしんどいのは、自己責任

現代では、簡単にSNS Instagramやツイッターで、成功している人の生活や日常を、世界中の人が見ることができます。


しかし多くの人の現実は、
月収や年収を貰いながら毎日労働をして、人間関係でストレスを溜めながら、下記のように発言します。

なんで俺はこんなに、苦しい労働をしてるんだ

 

なんで私は、自由な時間も少なく、ストレスばかり溜めないといけないのか



その原因は、あなたの思考にあるのです。

正直、自己責任です。


タキナナ
タキナナ

周りの常識に洗脳されてしまっているからなんです。


思考を変えないと、
労働収入が増えない日本において、この時代において、死ぬまで労働になりますよ?

もし、この記事を読んでいる方が

・現状に不満を感じていたり、
・夢や目標があったり、
・職場の労働環境や人間関係にうんざりしているのなら、


まずは、月収思考年収思考を捨てて、今すぐ時給思考になることを推奨します。

 

 

✔︎月収思考や年収思考は思考停止

月収思考や年収思考は、思考停止です。

 

「よし!今日は給料日だぁ、やったー!

「今日は飲みいって、ストレス発散するぞおー!」



アラームです、

ちょっと待った!


そういう思考が労働者思考、労働収入から脱出できない大きな原因なのです。


月収思考になっているから、簡単に残業をして自分の時間と体力を消耗してしまうのです。

自分の時間を安く売ってしまうのです。


そして、自分の時間(命)と引き換えに得たお金をすぐ消費に使ってしまうのです。

▼消費の例
・お酒
・タバコ
・過度な飲食
・すぐに物を買ってしまう
・ブランド物を買ってしまう
タキナナ
タキナナ

得たお金を自己投資に使わず、消費に使うだけならば、渦の中から抜け出せません。



得たお金を生活費や娯楽に費やしてしまい、また次の給料日を待つ、クレジットカードの請求書を確認する。このサイクルから一生抜け出せません。



年収思考(年俸)の方は、月収思考の方よりも、稼いでいる方も多いのかもしれません。年俸で考えているということは、年収がそれなりあるのではないでしょうか?


しかし、正直な所、年収思考も月収思考も大した差は無いと思います。


なぜなら、両方共に 会社員=自分の時間を会社に売るというビジネスをしているからです。

この図式は、月収思考も年収思考も同じだからです。多くの人がこの本質に気づいていないのです。



もしこの本質を理解していれば、自分の一生の面倒を見てくれる訳でもない会社に対して、月収や年収というワードに捉われて、

必要労働時間以上働く=残業 

このような行為をしなくなるはずなんです。



自分の時間を大切にして、自分が本当にやりたいことの為に時間を使うはずなんです。


例えば

・家族や愛する人と過ごす時間を増やしたい
・趣味に費やす時間を使いたい
・さらに大きな目標や夢に対して努力する時間が欲しい
・ゆっくり自分が何をしたいのか考える時間が欲しい

どんなものでも構わないと思います。


年収や月収というワードに騙されて労働時間外で安易に働いてしまうのは、実は、その勤め先の創業者(社長)のためにボランティアをしているという事に気づいてください。


タキナナ
タキナナ

この仕組みに気付かず周りに無理やり合わせたり、ストレスを感じながら働いているとすれば、それは思考停止かもしれませんよ?

 

参考人気記事残業なんて無駄、帰りづらい雰囲気? 人生の消耗はもう辞めよう。定時ラブ

参考人気記事残業=無能の構図は正しいのか 外資系で働く私は絶対に残業をしない【転職もオススメ】

 

 

✔︎昔からよく言われる言葉 「大人はお金はあるが、時間がない」

昔からよく言われる言葉ですよね、

「大人はお金はあるが、時間がない」
「大学生は時間はあるが、お金がない」


おもしろいですよねぇー(笑)

的を得ていますから。


学生時代や小さな子供の頃って、お金なんかなくても、楽しかったって人、割と多いのではないでしょうか?

大人になって沢山お金を使えるようになり、色々な経験ができるから楽しいと考える人もいますよね?


結局これは、人それぞれだと思います。


人生は楽しんだ物勝ち

もし、
あなたがサラリーマンだとして、

・現状にストレスを感じていたり、
・大人って大変だなって感じていたり、
・楽しくないなと感じているなら、

年収思考・月収思考をやめて時給思考になり、会社に捉われすぎないようにする。

自分の時間を増やす。自分の時間を大切にする。

思考を変えるところから始めてみてもいいかもしれませんね!!

 

✔︎最後に

会社員やサラリーマンは、月収や年棒を設定されて働きますが、所定労働時間は決まっています。

あなたの月収や年収を時給換算して、時給思考にならないと、会社に自分の時間を奪われてしまうだけです。

日本の働きすぎな方々へ
もし、ストレスを溜めながら残業をしたり、辛い思いをしているのなら、時給思考にシフトして自分の時間を大切にしてみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました