就職→退職→金髪になる→外資系就職→また悩む笑②

BUSINESS
https://turkey7blog.com/就職→退職→金髪になる→外資系就職→また悩む
前回の記事の続きです!!

退職の意思を伝えましょう


そう私は 無事、会社へ退職を告げたわけです。


世の中には会社を辞めて、次の舞台に行きたいし、他にやりたいことがあるけど、中々、会社を辞めるというファーストステップを踏み出せない人って多いのではないかと思います。


私は転職をした身なので、よく後輩や友達から退職したいけどどーしたらいいかって相談をされます。


まず、なぜ会社(上司)に辞めたいですと言い出せないのでしょうか?


一般的に会社によって就業規則は異なると思いますが、退職する場合その意思を会社へ最終出社日の1ヶ月以上前に申し出る事などと各会社によってしっかりと就業規則は決まっています。


そして、本来法律上は2週間以上前で構わないとされています。


辞めるなら、上司に言えば良いだけです。 
退職願を出して、申請すればいいのです。


でも多くの人が、その一歩を踏み出せずに3年、5年、10年と同じ職場に居続ける運命になるのです。
そして30歳手前になりそれなりの役職、給料も与えられ挑戦や行動するのがより怖くなるのです。


人生は一度きりしかありません。
その会社に居続けるのも、別の舞台に挑戦して行くのも自分の人生です。


私は職場にいる方々が将来の私の姿だと思ったので、それは私の理想とかけ離れている為、23歳のまだ若い時期に退職を告げました。

転職先は決まっていなかった でもどうにかなる


よく次の職場が決まってから辞めた方が良いと言われます。
⤴︎全く同意です。その方が金銭的にも精神的にも安全です。



ただ私は、次の職場が決まっていない状態で退職を告げました。その理由はいくつかあります。↓
・地理的要因で思うように面接が受けられなかった。=時間がかかる=自分の23 歳24歳という年齢と時間はお金で買えない。
・再就職するかフリーランス個人で起業するか、迷っていた。

・正直人生ってどうにかなるもんだと知っていた。
・3ヶ月位は国民保険や年金を払いながらでも生きながらえる貯蓄はあった
・金髪にしたかったから。



次の職場を決めていなかったので、
もちろん前職の上司やお偉いさんには、起業しますっつて退職をしました。


向こうも想定外の理由(業界柄そういった理由で辞める人は今まで0人らしい笑)だったらしく、逆に応援されました。


もちろん、海外の駐在はどうか?とかかなりしつこく引き止めにもあいました。
当時の課長には、かなりしつこく否定されたので軽く喧嘩しました笑

しかし、俺は決めておるんや 


無事退職しました。


ってか殆どの多くの人が在職中に転職活動をすると思います。
私も1年目から転職活動をしていましたし、1年目で他社から内定
も貰っていたのですが、しっくりくる求人に出会えず、時間がかかっていました。

メンタルに自信がない人や転がり先がない人は、
確かに次の就職先が決まった状態で退職を告げた方が賢いと思います。

有休消化でリフレッシュして、次の職場へ踏み出せばいいと思います!

ただ転職活動中の人の中には地理的要因や募集時期など、有給が取れないなど、
多くの悩みを抱えていて、スムーズに活動ができない人もいるのではないでしょうか?


そういった方々は、スカイプ面接土日面接が可能か等まず出来る限りの努力をしてみるべきだと思います。 
有給も1回、2回取るくらいなら、
会社員の権利なのですから周りの目なんて気にせずに休みましょう、


とは言っても、⤴︎が上手くできない人もいるんですよね、
わかりますよぉ

私は、個人だけでやっていくか転職もするか、それで悩んでおり最悪職が見つからなかったら、アルバイトかまた海外へ行こうと本気で思っていたので、

それくらいの覚悟だったので、会社を辞めることくらい、ほんとにアルバイト辞めるみたいな感覚でした。だって絶対どうにかなるもん。


そして、複数社から面接のアポがありましたが、1番初めに受けた外資系の企業とご縁があり、私の場合はトントン拍子で退職後2週間で次の職場が決まっていました。

⤴︎
普通の人からすると  次の職場を決めずに行く当てもなく退職して、リスクがありすぎると思われるでしょう。
しかも大手の会社を辞めて、金髪にして東京へ単身で引っ越したのですから。

でも私は満足の行く結果を得ました。↓

・東京で働く(大手町や丸の内近辺)
・グローバルな職場
・やりたかった職種営業とマネジメント


でももしリスクを犯していなかったら、
今の環境を手に入られてないです。

現在も前の会社で働いていた可能性すらありますよね。

やらず後悔より、やって後悔

後悔なんてほんの少しもありません。今になって、本当にあの時決断して行動を起こして良かったなと思っています。


やらず後悔より、やって後悔です。


私は気付きましたが、
人間て、失敗した後悔よりもやらなかった後悔の方がずっーと深く心に残っているのです。そう思いませんか?できなかった後悔、あの時あぁしとけば良かったとか、誰にで少なからずあるのではないでしょうか?


でも私は極力人生においてやらなかった後悔を減らしたいと思っています。失敗しても自分の選択だったら納得できます。失敗しても成長はします。挑戦しなければ、現状維持です。


そして、今の会社に転職してみて本当に実感している事は、
日系の企業だろうと外資系の企業だろうと、一緒に働く人が違えど、場所が違えど、

サラリーパーソンである限りは、自分の時間(命)を売り、それをお金に換金しているということは同じです。
これはどこの企業に行ってもかわりません。 


営業ノルマを達成しようと、しまいが、本質的な会社員の役割は、会社を回すことです。 だから、いくら頑張ろうが年収が1ケタ変わることなんてありません。全て会社の資産になるからです。

私は、徐々にですがサラリーパーソンを卒業して本当の意味でのビジネスパーソンに日々進化し続けて行きたいたいと思います。そしてもっとたくさんの人々に様々な価値を提供できるように、精進致します。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました