台湾 旅行➀ 〜日本人が台湾へ行くべき理由〜

LANGUGE / ENGLISH

台湾現地ツアーの簡単ウェブ予約はMyTaiwanTourへ 

こんにちは
会社を退職して金髪になり、現在は外資系リーマンのTurkey7です。

     この記事にたどり着いた方は、
    ・台湾へ行ってみたい方
    ・台湾の魅力を知りたい方
    ・バックパッカーの方
    ・旅行先に悩んでいる方


        様々だと思います。

私は海外へ留学をしていた際に、
それぞれの国で、台湾人に出会いました。

そして世界中で台湾人の友達を作ってきました。
なので、彼彼女たちに再会する目的と観光目的で、
私は2017年1月に台北へ訪れました。

 台湾は親日国として有名で、
日本とも深く歴史的な関係がある国です。
台湾には日本のことが大好きな人がたーくさんっ!います!

地理的にも沖縄のすぐ向こう側にあり、近いですね。

2019年(過去6ヶ月)最新のデータでは、
日本人のアウトバウンド(海外旅行)の行き先ランキングでは台湾がNo.2です。
(1位韓国、3位香港)

ちなみに、台湾ではもちろん
最も人気がある旅先
日本です。

日本と相思相愛の国 
それが、台湾です。

なので、これ読み終えたら
早速台湾へのチケット買って
台湾へ行きましょう(笑)

台湾は簡単に、しかも安く行ける国

ビザ不要です ←(観光)

日本人は、観光目的であれば、
台湾滞在にビザは必要ありせん。(※90日以内の観光目的で滞在の日本国籍者)
・航空券とパスポートさえあれば問題ありません。

 ・3ヶ月以内の語学研修ならビザは必要ないですね。

格安航空券(Lcc)で予約

日本から台湾へ就航している航空会社は沢山あります。(Lcc含む)

台北までを例にすると、
JAL やANA の国内線はもちろん、
LCCに関しては、ピーチ、バニラエア、
ジェットスター、タイガーエア、スクート等
多くの便数が運航しています。

飛行時間は東京から約4時間
                  大阪から約3時間    
    (近いですね。)

ちなみに私が台北へ訪れた際は、
ピーチのセール期間を上手く活用できたので、関西国際空港から桃園国際空港の往復券を約¥12.000で購入しました。

下手したら、国内旅行よりも全然安いですよ


Tips ⤵︎⤵︎⤵︎
台湾までは多くの航空会社やLccが運航しているので、

各Lccのセールをチェックしてみたり、
価格比較サイト(メタサーチ)などを上手く活用して、
お得な料金で航空券を手配すると良いです。

台北の魅力

私が訪れたのは(2017年1月)、
皆が知る台湾のビッグシティ台北Taipei です。

台北の魅力はなんといっても
1.人が優しい! 
2.日本語が通じる?!
3.夜市・アジアンフルーツ・小籠包 
       ⤴︎⤴︎
     グルメがおいしい!好吃!

4.有名なお寺や博物館、台北101がある!
5.ナイトライフも盛り上がる!(日本より)

あげればキリがないですね笑

今回の記事では、
1.人が優しい
2.日本語が通じる?!について詳しく書いていきたいと思います。
(3,4,5は別記事を参考に!)

1.人が優しい in Taiwan

台湾人は本当に優しい人が多いです。
地理柄、台湾は沖縄の近くにある南国の島国ですね。
南国の暖かい気候で生活されてる方々の特有の陽気さや寛容さが素敵だと思います。

少し時間にルーズであったり
思った事をストレートに表現することも多いです。
回りくどくなく、主張する文化も強いです。

そんな台湾人の多くが、親日家でフレンドリーです!
 
少し歴史の内容になりますが、
↘︎
 昔台湾は日本に統治されていました。
 日本統治時代に台湾はかなり発展することができました。
 鉄道や道路のインフラ、農業、教育 
 様々な面で日本が台湾へ貢献していた時代があるのです。

そんな歴的背景からも、お年寄りから子供の世代まで
 日本は台湾から愛されているのです。

なので、
初めて海外旅行をされる方
海外に行ってみたいが不安という方

こういった面でも
 最もおすすめできる国だと思います。

今まで80カ国以上の人たちと関わってきた経験がある私も、
「台湾人は優しい」は本当にそうだと感じます。

エピソード
私がオーストラリアへ住んでいた際、
シェアメイト(同じシェアハウスに住んでいた人)の中に台湾人が3人いました。

彼彼女たちに、「台北に遊びに行くんだ!」という連絡をすると、
すぐさま、「えっ!いついつ??」
   「宿はどこにとったのぉ??」
   「仕事休みとるねぇー!!」 
こんな感じで、なんか自分よりも盛り上がってくれてました(笑)

しかも、台南から台北まで わざわざ新幹線できてくれました。
仕事も休んで、宿まで確保して、、
おまけに他の彼女たちの友達1名もついてきました (笑)

そして、レストランなどに行くと、自分にお金を出させないのです
どんだけみんな優しんダァ!!!!
日本より お・も・て・な・し 文化があるんじゃないの? 

私には、彼彼女たちが日本に来た時は 倍返しで 
日本のおもてなしをする義務ができました。

2.日本語が通じる?!

台湾人が日本語話せるか?と聞かれると
実際にそうだと言い切れるわけではありませんが、

他の外国と比べると日本語を話す人の割合は
桁違いに多い
はずです。

まず、
昔台湾は日本統治時代があったので、
その名残で、まだお年寄りや年配の世代には
日本語を流暢に話す人たちが一定数います。

若い世代の人たちにとって
日本や欧米はクールな国という印象があり、とても人気です。
日本のテレビドラマや映画も大人気。
それらがキッカケで日本語を勉強する方々もたくさんいます。

⤴︎私の台湾人の友達もそうです。


・毎回ではないですが、 
台湾でショッピングをしている際やレストランにいる際など
会計の時に、日本語でひとこと言ってくれたり、挨拶してくれたりする人が
過去に私が訪れて来た国の中でもダントツに多かったです。
⤴︎
これってすごいことなんです。
アメリカやイギリス、オーストラリアの人達って
自分の母国語(英語)を話す国が、自国以外にもありますよね?

スペイン語、中国語、フランス語、ドイツ語も同じです。

しかし、日本語って母国語として使う国は日本しかありませんよね?
 そんな我々(日本人)が
 唯一そういった感覚を味わうことできる国が台湾なのです。

 

次記事に続く

https://turkey7blog.com/台湾旅行②%E3%80%80〜台湾の魅力〜

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました