ミャンマーのビザ免除 1年間延長される(2019年10月以降)

TRAVEL

以前ミャンマーへ入国する際は観光ビザが必要でした。

現在ミャンマーへ観光で訪れる際はビザ不要です。
少し私も気になったので、なぜビザ免除になったのか?
今後もビザ免除は延長されるのか?! その疑問に答えます。 

また、ミャンマーへこれから渡航・観光される方へ、
ミャンマーのビザ事情について、情報を共有できればと思います。

2018年10月から 観光ビザ免除を試行している

よく海外へ旅行される方やバックパッカーをされる方は、
すでにご存知かもしれませんが、

ミャンマーは、日本・韓国の方を対象とした観光ビザ免除の試行が2018年10月から1年間の予定で試行されていました。(※2019年10月以降もビザ免除は継続されます)

⤵︎ちなみに、以外が条件です。
・対象者  日本と韓国のパスポート所持者
・渡航目的観光(※間違ってもビジネスと書かないように)
・滞在期間30日以内
・パスポート必要残存期間入国時6ヵ月以上。未使用査証欄入国時2ページ以上。
・出国地点の制限は無い

・入国地点  ヤンゴン国際空港
 (ちなみに私はバンコクのドンムアンからここヤンゴン国際空港へ入りました。)

 マンダレー国際空港、ネーピードー国際空港、ヤンゴン港、タイとの陸路国境地点(Tachileik、Mayawaddy、Kawthaung、Hteekee)でのみ入国が可能。


私がミャンマーへ行った2017年の時には、
日本人でも観光ビザを取得する必要がありました。

渡航前に電子観光ビザを申請して、準備しました。
以前はオンラインでビザ申請する場合50ドルかかっていました
(↑これが現在は無料!)

現在は、パスポートのみで入国できるとので、すごくありがたいですね!


ここで1冊紹介! るるぶミャンマー(2020年版) です。
最新の2020年版が出ていたので共有しておきますね〜
るるぶは写真も多く、見やすいいのでいいですね^ ^

2020年9月末までビザ免除!ミャンマーへ行くなら、今がタイミング?!

ミャンマー ホテル・観光省のキン・タン・ウイン副総局長が、
下記を正式に公表しました。

「日本人や韓国人のビザ免除措置は2019年10月1日以降も1年間延長する。しかし、恒常的に免除するわけではない。とりあえず1年間延長する」

2018年10月以前まで、日本人が東南アジアでビザが必要になる国は、ASEAN加盟国の中でカンボジアミャンマーの2カ国でした。現在は、ミャンマーが免除制度を試みているので、
実質カンボジア以外は、東南アジアはビザなしで観光できることになります。


今回、
正式に2019年10月以降も継続して日本人ビザ免除制度を継続すると公表されました。


ミャンマーへお得に旅するとすれば、現時点では
今の内(〜2020年9月末入国分まで)ということですね!!

というのも、現在ミャンマーはインバウンドの方へも力を入れており、
2019年10月からビザ免除の対象国を複数に拡大して行く予定です。 


実際にビザ免除を行い、昨年度比日本人観光客は24%増だったらしく、ミャンマーにとって日本はまだまだこれから伸びていくとう印象ではないでしょうか、

 

今回、2019年10月以降も1年間 日本人に対するビザ免除が延長されましたが、2020年以降も
ビザ免除制度を解除する大きな理由が見つからない気がします。

まとめ

私も実は、来年ミャンマーへ行く予定があったのですが、
ミャンマーのビザ免除が延長されて、ホッとしています。

ミャンマーが今後(2020年10月以降)
再度日本人に対して観光ビザ制度を再導入する可能性は低そうですよね?

ミャンマーへ旅行やバックパッカーで行こうとお考えであれば、
今は絶好のタイミングです。
航空券とホテルの手配だけでいいのですから!

以下ミャンマー過去記事(以前私がミャンマーへ訪れた際の記事です。)
参考にしてみてくださいね!

https://turkey7blog.com/ミャンマー-昔の日本を感じられる国治安、ビザ、

 

https://turkey7blog.com/ミャンマービール旨っ!(パゴダやビール、タナ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました