ミニマリスト 捨てて得るもの。

LIFE

所有せず、自由を手に入れる シェアリングエコノミーの時代

巷でミニマリストというワードを聞く機会がチラホラあります。
ミニマリストとはどういう人のことでしょうか? 

日本でよく言われるミニマリストとは、身の回りの生活必需品や家電家具等、もしくは無駄な出費を減らして必要最低限の所有で生活を送るライフスタイルを実現している人達だと思います。

私は完璧なミニマリストではないかもしれないですが、前職を退職して上京した際、多くの物を売却したり処分したりして、身軽になりました。

私のミニマリストへ近づく物語を語ります。

所有している物って本当に所有する必要ありますか?

別の記事に書いていますが、私は転職を1度経験しております。https://turkey7blog.com/就職→退職→金髪になる→外資系就職→また悩む

まず前職を退職した際、収入源が0になりました。それでも私は東京へ出て行こうと考えていました。

一人暮らしで、一式の家具家電(冷蔵庫、テレビ、洗濯機、炊飯器、ベッド、棚、テーブル、机)や車など、これらのものは全て所有していました。

がしかし、当時私は自分で事業を行う事も考えていましたし、これから色々な場所に転々と住んでみたいとも思っていました。

よく考えてみると、引越し費用だけでもバカになりません。これらの物を全て引越し業者へ依頼すると50,000円以上は必要です。

・当時私が使っていた洗濯機や冷蔵庫は古く、そんなにお金を叩いてまで運ぶべきものなのか
・もしまた住みたい場所ができて、引っ越したくなった時また引越し費用がかかる。

⤴︎
こういった事がふと頭をよぎりました。
思い出すと、私は今までアメリカやカナダに短期間住んだ経験もあるし、オーストラリアへ1年間住んでいました。

当時私が現地へ持っていったものは、(服とPCとサッカーボール)本当にそんなもんです。 
冷蔵庫や家具家電食器車など当たり前ですが、わざわざ海外へ持って行きませんよね?笑笑

それでも現地で生活に困ることなんて全くございませんでした。

なぜかというと、
そもそも海外では家具家電付きの物件は当たり前で、シェアハウス等の形態もポピュラーだからです。そして、敷金礼金のような概念は少なくとも欧米圏にはありません。

よーく考えると、
海外生活送ってた時の自分の状況に戻したらいいんだと思いました。

服とPCが残る

そこで私はさっそく、賃貸契約を解除して、
家具家電等は同僚に譲ったり、メルカリやハードオフで売ったり、ベッドなどは処分業者に引き取りに来てもらったりしました。42型の液晶テレビも手放しました。

「最近テレビ持ってない人増えたよね! 」
⤴︎はいまさにそれです。

ちなみに私は映画は大好きなので、Amazonでお手軽に買えて場所を取らないプロジェクターを使いたまに映画を鑑賞しています。
テレビいらないけど、大画面が欲しいっていう人にはこの方法お勧めです。

※冷蔵庫や洗濯機って処分したければ、
自治体によって引き取ってくれない所もあるので、事前に調べておきましょう。
※中古ベッドはあまり世の中の需要がないので、高価なベッドでもあまり高く売れないという認識が必要です。
家具家電や自転車等を一気に処分して欲しかったら、
引き取り買い取り処分を行ってくれる業者が最も便利でオススメです。

そして、車も東京では必要なくなるので売却しました。
日本では車の維持費ってすごくかかります。毎月の保険やガソリン代、車検代、本当にお金がかかるので、  当時の私にとっては大きな負担材料になり得る物でした。ただ人生ではじめての自分の車だったので、手放すのは寂しかったです。たくさんの想い出をくれた車に感謝です。

退職→引越し(シェアハウス、家具家電付物件へ)

そんなこんなで、最終的に私に残ったものは、(服とPC、スマホ)そんな感じでした。(もちろん、細い物は省いてます。) 

めっちゃ身軽になりました。よしっこれで何処にでも行けるぞぉ!
そういう、心境でした笑

「いつでも気軽に住みたい場所へ引っ越せる」って人生において大きなメリットです。

私は退職してから、シェアハウスへ引っ越しました。もちろん私が入居したシェアハウスは家具家電付、共用オフィスやジム、広いキッチンも併設されています。


高熱費やWiFiも全て個人で契約する必要は無く、全て毎月の請求分に含まれています。
シェアハウスなので、普通の賃貸の毎月料金より全然安いです。

そして、
都内のシェアハウスに住んでいる方々は多国籍で様々なバックグラウンドの人もいて、毎日英語を使う環境に2年ぶりに戻りました。

なんか、私にとっては良いことしかありません。笑   

私はシェアハウスに数ヶ月滞在した後、
職場の地理的要因と、はやり1人で大音量で音楽を聞いたりしたくなったので笑(シェアハウスだと出来ない)
現在は、同じ運営会社の家具家電付き光熱費込みである、身1つだけ持っていけば住めるマンションに住んでいます。本当に身軽です笑

改めて自分の出費や固定費を考えてみる

まずを所有していれば、車検代、駐車場料金、毎月の保険とガソリンを合わせて1ヶ月の出費は約15,000〜20,000円程   
⤴︎これは現在0円になりました。

・そして携帯料金私は3大キャリアの1つと契約していましたが、現在はLINEモバイルに移行したので、10,000→4,000円 半額以下の出費になりました。

・シェアハウスなので、賃貸のような敷金礼金は0です。もちろん初回の手数料は必要でしたが、おそらく賃貸の初期費用の1/3程度の出費です。
 
光熱費やWifiの契約・毎月料金は、
現在の住まいには含まれており、前賃貸の家賃と大差変わらないので、0円とします。

携帯と車と光熱費だけでも、昨年と比べると、毎月約30,000〜40,000円以上の
出費が減っています。無駄な出費が減る=収入が増えるという事です。


そして現在は、洗濯機や冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、
ベッドも備え付けの物件なので、そういった高価な生活必需品を揃える資金も必要ありません。

今になって考えると、私は、普通の敷金礼金制度があり、家具家電全てを揃えないといけない普通の賃貸の環境には戻れません。

確かに、
家具家電のこだわりが強い人や潔癖症の人にはあまりシェアハウス等は向いてないかもしれません。まだ日本では家具家電付き物件やシェアハウスの選択はマイノリティですね。

しかし、OYOなどが日本に進出してきた辺りなど、世の中の流れを見ていると、
家や住む場所のライフスタイルはどんどんシェア化が進んでいくのではないかと思います。
若い人はシェアハウスに憧れて住む人も増えています。

全国でおしゃれで綺麗な物件がどんどん増えています。本当に1度自分の出費に無駄な所や必要ない所はないか確認してみることをお勧めします。

収入が増えないと悩んでいる人は、まず出費を減らす事が収入を増やす簡単な方法です。

まとめ

 もし今、私が(あそこに住んでみたいっ!とか再度海外へ挑戦したい)と思うと、手間をかけて無駄な出費や手続き(賃貸解約、引越し費、処分費、荷物を送る費用、)をする必要がありません。移動手段と宿さえ決めれば良い状態です。

本当に皆が必要だと思ってる物や事って、実は無くても、案外困らなかったりします。

⤴︎東南アジアの村の方とか、
まだ発展していない地域へ行ってみると、特に身に染みて感じると思います。(日本で向こうの生活を再現するわけではありません!悪魔で考え方です笑)

あと必要だと思って出費している固定費が、少し自分で調べて行動してみるだけで、その半分以下になったりします。

引越したいし、色々な所に住んでみたいけど、引越し費用がかかるし、敷金礼金がかかるとか、悩んでる人、自分で1度きちんと調べてみてください。

シェアハウスもよし、ソーシャルアパートメントもよし、家電家具付きで毎月費だけでokな物件もあります。

以上ミニマリストへ近づいた軌跡を記しました。

是非参考にしてください!また相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました